年収1000万円も必要?本当に必要な年収を書き出してみた。

年収1000万円も必要?本当に必要な年収を書き出してみた。

「将来は年収1000万円稼ぐぞ!」

私もつい最近までそんなことを考えていました。

こんにちは!「飽き性のプロ」こうせい<h_0918_kです。

「年収1000万円」

サラリーマンであれば、一つの目標である金額ですよね。

でも、本当に1000万円も必要でしょうか?

2016年の調査によると、年収1000万円を超えている割合は、全体の4.28%。人数で言うと、述べ208万2338人だそうです。

出典:平均年収1000万円以上の比率

ちなみに、年収1000万円の手取額は、実は700〜800万円程度。全体の2~3割を税金として納めなければなりません。

出典:実は損? 年収1000万円のリアルと、お得な年収

この記事を読んでいる人は、私と同世代の大学生・20代の社会人が多いと思いますが、20代のうちに年収1000万円を目標にして働いて、その後何がしたいですか?

例えば、

  • 30代では夢の高級車を持ちたい!
  • 結婚してマイホームを建てて、ゆとりのある生活がしたい!
  • 自分の夢の実現のためには、年収1000万円稼がないと足りない!

といったように、目標がある前提で、そこから逆算をして導いた年収が1000万円なら、年収1000万円を目指す価値はあるでしょう。

ただ、特に目標もないのに、「とりあえず年収1000万円稼ぎたい!」という目的だけで働いているとしたら、それって「お金」のために働いていませんか?

もちろん、「食っていく」ために、お金を稼ぎ、そのために働く。

これは大切なことですが、せっかくの人生、自分のやりたいことのために時間を使いませんか?

お金を稼ぐためだけに、時間を使う人生、楽しいですか?

お金は無くなっても取り戻せますが、時間は取り戻すことはできません

ってことで、自分がやりたいことを書き出した上で、そのために必要なお金を書き出してみました。

広告

わたしに必要な「最低限」のお金

まず初めに、やりたいこと抜きで、最低限度必要なお金だけを出してみることにしました。

現在の私の月収は、22万円。手取りだと18万円です。ここから、「家賃」「光熱費」「食費」「交際費」など、必要なお金を引いたとしても、2〜3万円余るので、18万円でも十分な生活ができています。

18万円でもお金が余るんだから、最低限必要なお金っていくらだ…?

こんなことを考えていたので、早速書き出して見ました。

本当に必要なお金だけを書き出してみた

  • 家賃:6万円
  • 光熱費:1万円
  • 通信費:1万円
  • 食費:3万円
  • 自由に使えるお金:2万円

合計:13万円(税金等含めると16万円ほど)

年収:156万円(税金等含めると約200万円ほど)

福岡市の中でも繁華街である「天神」と「博多」の真ん中の地点に住んでいますが、その割には家賃は安い方です。

また、自由に使えるお金の中には、ブログを書く上で必要な「イラストレーター」の月額、書籍代も含んでいます。

書き出して見ると、今の生活は手取り13万円でもいけちゃうってことですね。普通にバイトでも稼げる金額です。

本当ならシェアハウス等に引っ越しして、さらにお金を削ることもできますが、マンションの解約金・引っ越し費用等含めると、今すぐは厳しそうです。笑

やりたいことを叶えるために必要なお金

▼合わせて読みたい▼

【就活生必見】人生で成し遂げたい「100のリスト」を作ってみた

以前書いた「100のリスト」ですが、このうちの大半が20代のうちに成し遂げたいことなので、この記事も参考に読んでいただけるとありがたいです。

やりたいことを叶えるためにはいくら必要か?

まずは固定費から。これだけでも13万円は必要です。

  • 家賃:6万円
  • 光熱費:1万円
  • 通信費:1万円
  • 食費:3万円
  • 交際費:2万円

次に、やりたいことを叶えるために必要なお金を。

  • 旅行の際の交通費(東京・関西に行くお金):5万円
  • 旅行時に自由に使えるお金:3万円〜6万円
  • 世界一周に向けての貯蓄:10万円(ピースポートを使って行く予定です)
  • 自由に使えるお金:3万円〜5万円(自己投資に使うお金)

合計:35〜39万円(税金等含めると約50万円ほど)

年収:470万円(税金等含めると約600万円ほど)

実際に頻繁に旅行に行くことが少ないので、設定金額は高めにしています。

本当なら手取り30万円でも実現できそうですね。

20代のうちに結婚は考えていません。

また、マイホームを建てたい!とか車を買いたい!という、これまで「幸せな生活」と言われてきた生活なんて全く興味がないです。

好きな時に好きな場所で暮らしたいからマイホームなんて不要だし、車なんてカーシェア・レンタカーで十分です。

まずは20代のうちに稼ぎたいお金を書き出す

30代・40代のことはまだわかりません。いつ結婚するのかもわからなければ、子供が何人いるかもわからない。

少なくとも、20代のうちは一人で生活して行くわけなので、まずは20代のうちに稼ぎたいお金を書き出してみましょう。

実際に書き出してみると、年収1000万円までは要らないとしても、今の仕事のままでは到底届かないかもしれない。

お金ベースではなくて、やりたいことベースで考えていく。

そうすると、今後必要なお金が見え、さらには今の仕事を続けていくべきなのか?を考えることができます。

私の場合は、場所にとらわれずに、好きな時に好きな場所で働くために今準備をしています。

「今の実力でそんな金額稼ぐことなんてできないよ?」

といった周りの意見は全て無視して、

「何をどう進めたら、やりたいことのために必要なお金を捻出できるか?」

という思考を持ちましょう。

また、根拠のない自信も大切です。

やってみないとわからないんだから、まずは自信を持って、やりたいことを実現させるために没頭しましょう。

そういう生き方のほうが、人間らしく、また、本当の意味での自立だと思いませんか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。