【大学生】新入生は生協のパソコンを購入してはいけない3つの理由【経験談】

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。

この記事を読んでいるあなたは、

  • 生協のパソコンを購入するか迷っている…!
  • 生協のパソコンって性能は良いの…?

という悩みを抱えているはずです。

結論から言うと、「生協がおすすめしているパソコンは買わない方が良い」んですよね…。

こーせい
僕も大学入学時に生協のパソコンを購入しましたが、買わない方が良かった…と後悔しています。

本記事では、

  • 生協パソコンは買うべきではない3つの理由
  • 生協パソコンよりもおすすめのパソコンを2つ紹介

以上2点について、詳しく解説していきます。

広告

【結論】生協パソコンは買うべきではありません!その3つの理由を紹介【経験談】

結論から言うと、生協パソコンは購入するべきではありません。

これは僕が通っていた大学の一例ですが、パソコン本体とオプション機能がついて、価格は19〜20万円前後…。

こーせい
同スペックのパソコンであればもっと安く購入できますし、この金額ならMacBook Proが購入できますね…。

「生協パソコンは高い!」ということがお分りいただけたと思いますので、「生協パソコンを購入するべきではない3つの理由」について、詳しく解説していきます。

1.生協パソコンは無駄なオプション機能が多い!

生協パソコンって無駄なオプション機能が多いんですよね…。

一例を挙げると、

  • 4年間の保証サービス
  • ウイルス対策ソフト
  • 学内のパソコン講座
  • その他学習ソフト

などなど。

特に生協パソコンには、大学生が授業やゼミで使用する「ワード」「エクセル」「パワーポイント」以外にも、何のために使うのか良くわからない学習ソフトが入ってることがあるんですよね…。

また、「4年間の保証サービス」がついているのは魅力的に思えるかもしれませんが、正しい使い方でパソコンを使用していれば、パソコンが壊れることはありません。

こーせい
僕自身、以前使っていたパソコンは3年間使用していましたが、一度も壊れることはなかったですね!

理系であれば授業で使用する専門のソフトのインストールが必要だと思いますが、文系であれば「ワード」「エクセル」「パワーポイント」があれば困ることはまずありません。

2.生協パソコンは19〜20万円前後!とにかく高い!

僕の通っていた大学の生協パソコンであれば価格は19〜20万円前後でしたが、同じ金額であれば、格段にスペックの高いパソコンが購入できるんですよね。

つまり、生協パソコンはとにかく高い…。

生協パソコンの価格が高い理由は、間違いなく不要なオプションのせいなんですよね。

全くパソコンを使用したことがない方にとっては、「パソコン講座」は魅力的に見えるかもしれませんが、パソコン講座が行われるのは、授業が終わった夕方以降。

こーせい
ただでさえ授業で疲れているのに、夕方から「講座を受けよう!」なんて気にはならないですね…。

実際、僕の友人の場合、入学してすぐのころは律儀にパソコン講座に通っていましたが、途中から面倒になって通わなくなったのを覚えています。

また、文系大学生であれば使用するソフトは「ワード」「エクセル」「パワーポイント」くらいなので、扱っていればそのうち覚えますし、使い方がわからなければ家族や友人に聞けば良いんです。

3.生協パソコンが動作が遅くなる傾向がある!

これは僕の経験談ですが、僕が購入した生協パソコンってどうも動きが遅かったんですよね…。

ワードやエクセルといった比較的サクサク動くソフトでも、起動が遅かったり、保存に時間がかかったり…。

考えられる原因としては、不要なソフトが入っているせいで、容量が圧迫されている可能性があります。

高価なパソコンを購入したのに、パソコンの動作が遅いようであれば話になりませんよね…パソコンはサクサク動くべきですし、動作が遅いパソコンは貴重な時間を無駄にしてしまいます。

生協パソコンの購入は控えよう!大学生におすすめのパソコンはこれ!

生協パソコンは、「値段の割にコスパが悪い!」というのが僕の感想です。

ここでは、以下の3つの選定理由から、大学生におすすめの2つのパソコンをご紹介します。

  • 価格帯(10〜15万円前後で4年間使えるパソコン)
  • 持ち運びやすさ(大学生はただでさえ荷物が多いから)
  • 機能性(サクサク動くストレスフリーなパソコン)

1.MacBook 12インチ(Apple)

特に普段からiPhoneを使っているのであれば、WindowsのパソコンよりもMacBookがおすすめです。

MacBookにも、「MacBook」「MacBook Air」「MacBook Pro」の3種類がありますが、大学生にいちばんおすすめなのは、やはり無印の「MacBook」です。

その理由は、何と言っても驚異の薄さ&軽さ。

重さはなんと1kgを切って0.92kgという驚異的な軽さなので、いつも使っているリュックに入れてもそこまで重さを感じることなく、気軽に持ち運ぶことができます。

一方でMacBookの欠点は、大学生に必須のソフトである「ワード」「エクセル」「パワーポイント」が入っていないんですよね…。

しかし、大学によっては無料でインストールしてくれるところもありますし、万が一自己負担で購入しなければいけない場合も「学割」で購入することができます。

また、MacBook本体も、Apple公式ストアであれば「学割」で1〜2万円程度安く購入することができるので、生協パソコンよりも安く、MacBookを購入することができますよ。

価格は学割適用で14万円前後(生協パソコンよりも安い!)。

詳細(MacBook):MacBook 12インチ-Amazon

詳細(Office): Microsoft Office Home & Student 2019 For Mac-Amazon

2.Surface Pro 6(Microsoft)

「Mac OSではなくてWindowsを使いたい!」って方は、Microsoftが販売している「Surface Pro 6」がおすすめ。

こちらもMacBook同様比較的コンパクトで持ち運びやすいのが特徴です(重さは0.7kgとMacBookよりも軽い!)。

また、「Surface Pro 6」から、これまでオプションで購入しないといけなかった「ワード」「エクセル」「パワーポイント」が入っているofficeのソフトが標準装備になっているので、これ1台購入するだけで必要なソフトをすぐに使用することができます。

価格は15万円前後(生協パソコンよりも安い!)。

詳細:Surface Pro 6 Windows 10 Home / 12.3 インチ Core i5/ 256GB/8GB -Amazon

【まとめ】自分に合うパソコンを購入して、快適なキャンパスライフを!

本記事の内容を最後にまとめておきます。

  • 生協パソコンは不要なオプションが付いているから高い!
  • パソコン講座に行かなくても使い方は自然と覚えられる!
  • 大学生は「持ち運びやすさ」重視でパソコンを選ぼう!

「生協がおすすめしているから、生協パソコンで良いや…!」と思って購入してしまうと、僕のように後悔してしまうかもしれません。

大学生におすすめのパソコンは、間違いなく「持ち運びやすさ」に特化したパソコンです。

今回紹介した「MacBook」「Surface」は驚異的な軽さでリュックに入れても重さを実感しないレベルなので、快適なキャンパスライフを送りたい方は持ち運びやすさ重視のパソコンを選びましょう。

せっかく4年間使用するパソコンを購入する機会なので、まずは自分の目で確かめて、お気に入りのパソコンを1台購入しましょう!

MacBook:MacBook 12インチ-Amazon

Surface Pro 6:Surface Pro 6 Windows 10 Home / 12.3 インチ Core i5/ 256GB/8GB -Amazon

▼就活は「キャリアアドバイザー.com」!▼



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。