他人の批判なんて気にしない!自分らしく生きるために「軸」を持とう。

他人の批判なんて気にしない!自分らしく生きるために「軸」を持とう。

こんにちは!これまで他人の批判を気にしていたこうせい<h_0918_kです。

「自分が若かったころはなぁ…」

「俺からみると、努力しているとは思えないんだけど?」

「それって”新卒”という枠に収まってない?」

社会人になって4ヶ月。たまに上司に言われるこういう言葉。

新卒の皆さんはもちろん、20代の社会人の方なら、一度は他人から批判されたり、自分では思っても見なかったようなことを言われたと思います。

「確かにそうだよなあ…あの人の言うとおりだもんなあ…」

こんな風に、他人からの批判を受け入れてしまったら「おしまい」ということに早く気づきましょう。

批判を受け入れてしまったその先にあるのは、他人のレールに敷かれた電車に乗っている自分です。

そもそも、批判というのは批判を言う本人の主観でしかありません。

「あれ、こいつ自分が思ってたよりもなんか違うなあ…?」

批判を言う人間は、自分が思っていたのと「なんか違う」という違和感から、自分の主観を言っているだけ。

批判なんて気にしなくて良い理由を詳しく説明しましょう。

広告

そもそも人によって「ものの見方」は異なる

今から見せる2つの絵をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

大半の人が、横顔を描いた「若い婦人の絵」という印象を持つでしょう。

では、次にこれ。

 

 

 

 

 

 

 

こちらも横顔を描いた「若い婦人の絵」に見えるでしょう。

では、こちらはいかが?

 

 

 

 

 

 

 

大半の人が顎が突き出た「老婆の横顔の絵」に見えるでしょう。

続けてこれ。

 

 

 

 

 

 

 

こちらも顎が突き出た「老婆の横顔の絵」に見えるでしょう。

あれ?

2枚目の「若い婦人の絵」と2枚目の「老婆の横顔の絵」って一緒では?

そうなんです。一緒なんです。

この絵は、「婦人と老婆」という、自己啓発の王道である『7つの習慣』で取り上げられている絵で、人によってものの見方が異なる、ということを伝えています。

最初に婦人の絵を見た人は、2枚目の画像は「婦人だ!」と言うでしょう。

一方で、最初に老婆の絵を見た人は、2枚目の画像は「老婆だ!」というでしょう。

つまり言うと、誰一人同じ人生を歩んできた人なんて一人もいないわけだから、批判というものは、批判を言う人の「主観」であるということ

その批判を聞いて落ち込んだり、180度自分の考えと違う行動に走らなくても良いのでは?というのが私の意見です。

他人の批判を気にせずに生きていくには?

他人の批判を気にせずに生きていくには、自分の中でブレない軸を作っておくことが必要です。

自分の中でブレない軸を作るためには、

  • 自分はどういう生き方・働き方をしたいのかを言語化する
  • 自分の中で「好きなこと」と「嫌いなこと」をはっきりさせる
  • 生きているうちに成し遂げたいことを100個書き出す(夢リストを作る)

この3つを書き出してみると、スッキリすると思います。

自分はどういう生き方・働き方をしたいのかを言語化する

私の例としては、

  • 時間に縛られたくない
  • 場所にとらわれずに仕事をしていきたい
  • 好きなことに没頭していたい

など、これからの人生を歩んで行く中で、どんな生き方・働き方をしたいのかをアウトプットしてみましょう。アウトプットするだけでも、自分の考えが整理できて、行動に移しやすくなります。

自分の中で「好きなこと」と「嫌いなこと」をはっきりさせる

【好きなこと】

  • 自分の意見を発信すること
  • コーヒーを飲むこと
  • 本を読むこと
  • 知らない土地に行って新しい発見をすること
  • 価値観が合う人たちと一緒に仕事をすること

【嫌いなこと】

  • やりたくない仕事をすること
  • 時間に縛られること
  • 満員電車に揺られて通勤すること
  • 日々同じことを繰り返すこと
  • 暇すぎること

私の例ですが、こんな感じで最低5個ずつ書き出してみると、自分の判断軸が大体見えてくるはずです。

生きているうちに成し遂げたいことを100個書き出してみる(夢リストをつくる)

人生は一度きり。今、この瞬間も一度きり。お金は無くなったとしても取り戻せるけど、時間だけは取り戻すことはできません。日々嫌なことを繰り返し続けていたら、知らないうちに30代・40代がすぎ、あっという間におじいちゃん・おばあちゃんになっていくでしょう。

そんな人生、送りたいですか?

今、この瞬間から、生きているうちに成し遂げたいことを100個書き出して見ましょう。

▼こちらの記事も読まれています▼

【就活生必見】人生で成し遂げたい「100のリスト」を作ってみた

すぐに達成できるものでも構いません。いつになるかわからないけど、必ず成し遂げたいことでも構いません。

100個書いてみると、自分の中でまだまだ夢が溢れているんだ!ということに気づくはず。

まとめ

他人の批判なんか気にせず、自分の判断軸で生きて行くことが、「真の自立」だと思っています。

自分の判断軸を決めて行くことが、「自立」への第一歩。

今この記事を見た瞬間から、自分の判断軸を決めていってみては?

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。