【二拠点生活】フリーランスは東京×地方のデュアルライフがおすすめ!その理由を解説

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。

先日5日間くらい使って東京に行ってきましたが、やはり情報発信がメインのフリーランスとして活動していくのであれば…?

こーせい
定期的に東京に来るのはマジで大切!

こんな感じで、東京に定期的に来るのは本当に大切なことだなぁと実感しました。

しかし、いきなり東京に移住するのはハードルが高いって方もいらっしゃると思います。

もちろん僕も「定住」はしたくありません(人多いし…)。

しかし、メイン拠点を地方、サブ拠点を東京にする「二拠点生活」であれば、誰でも気軽に行えると考えています。

本記事では、

  • 情報発信をメインに行うフリーランスが定期的に東京に来るメリット
  • メイン拠点を地方・サブ拠点を東京に置く二拠点生活をおすすめする理由

以上2点について、詳しく解説していきます。

広告

情報発信をメインに行うフリーランスは「東京」に来るべき3つの理由

1.情報発信がメインのイベントに気軽に参加できる


先日東京に行った際は、CAMPFIREオフィスで開催された「#ツイッター戦略大全セミナー」に行ってきましたが、東京ではほぼ毎週のように、SNS活用術やブロガー・YouTuber向けのセミナーが開催されています。

もちろん地方でも開催されていると思いますが、東京のイベントでは、SNSのフォロワーが数万人を超えているインフルエンサーが登壇する場合がほとんど。

圧倒的な情報の格差を実感します。

僕がオススメする、東京で定期的に開催されているイベントといえばこれ。


朝7:30〜、渋谷の道玄坂にある「BOOK RAB TOKYO」で行われているコミュニティのイベントです。

この「#朝渋」では、毎回著名な方をお招きして、情報発信術や、複業のススメ、そしてフリーランスとしての働きかtらなど、「個の時代」にふさわしいコンテンツを毎日提供しています。

過去には複業研究家の西村創一朗さん、モテクリエイターのゆうこすさん、ブロガー・作家のはあちゅうさん等が登壇しています。

また、イベントの開始時間が朝の7:30とかなり早いので、「朝型生活を身に付けたい!」って方にもおすすめ。

外部リンク:「朝渋」公式ページ

2.会いたい人にすぐに会いに行ける

東京に魅力といえば何と言ってもこれ!

会いたい人にすぐに会いに行けるところです。

もちろん、地方で活動しているフリーランスの方も大勢いますが、メイン拠点を東京に構えている人がまだまだ多いです。

また、僕の友人で起業をしている子は東京にいますし、某有名な人材系ベンチャーで働いている友達も東京にいます。

東京で働いている友人・知人は常に新しい情報を持っているので、東京に行った際に定期的に飲むようにしていますが、僕自身も良い刺激になるし、「オフ」でしか聞けないような情報をたくさんゲットできるので、人と会うだけでも東京に行くメリットの大きさを実感します。

あと、こんな感じで遊びに行くことも。


株式会社MeeeのCEOのやぎぺーさんや、フリーランスとして活動しているなっちゃんたちと一緒に脱出ゲームに行ったり。

東京は遊ぶところも豊富にあるので、東京で遊んだことを、こうやってコンテンツとして発信できるのも良いですね。

3.東京の程よいストレスを感じて「モチベーション」を上げる

東京ってどこに行っても人が多いじゃないですか。

  • 昼間でも空くことが少ない満員電車
  • いつも混んでいるカフェ
  • 人混みの極み、スクランブル交差点

挙げたらキリがないですが、東京はどこに行っても…人が多い!!

しかし、この人の多さって程よいストレスになるんですよね。

地方にいるとどうしてものんびりとした時間が過ぎてしまうので、「頑張ろう!」ってやる気を出そうとしても続かない日があるでしょう。

しかし、東京に来ると、東京の慌ただしい環境に身を置くことで、

「僕も他の人には負けられない!」

って感じで、程よいストレスが自分の生産性を高める起爆剤になったりするので、東京で程よくストレスを受けて、地方に帰っても頑張れる、というのがいつもの僕です。

東京の良さについては、こちらの記事に詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【地方民必見】圧倒的に成長したいなら、まだまだ東京は捨てたもんじゃない。

【地方民必見】圧倒的に成長したいなら、まだまだ東京は捨てたもんじゃない。

2018.11.18

情報発信をメインに行うフリーランスは、東京・地方の二拠点生活が断然おすすめ

僕のように情報発信をメインに行うフリーランスであれば、メイン拠点を地方・サブ拠点を東京に置く「二拠点生活」が断然おすすめです。

  • 地方は東京に比べて家賃が半額以下
  • 静かな環境で淡々とコンテンツを量産できる
  • メイン拠点なら「福岡」が断然おすすめ

1.地方は東京に比べて家賃が半額以下

東京って家賃がアホみたいに高いじゃないですか…。

1ルーム・6畳・ユニットバスで家賃6万円は普通です。

こーせい
さすがに高すぎ!地方なら半額以下で住めるよ!

例えば、僕が住んでいる地元福岡であれば、6万円あれば、

  • 1K・7.5畳
  • システムキッチン・コンロ2口
  • 洗面台付き
  • 風呂・トイレ別

というクオリティです(そう、これは僕の家のクオリティです。笑)。

東京なら家賃12〜15万円はするクオリティの部屋に、地方だと半額以下で住むことができるんです。

フリーランスは基本どこでも仕事ができるので、同じ稼ぎであればできるだけ固定費は下げたいところ。

メイン拠点を地方にするだけで、固定費を東京の半分に抑えることができますよ。

また、東京の拠点はシェアハウスを活用しましょう。

CAMPFIREの家入さんが始めたサービスの「リバ邸」であれば、月額1万円で10日間住むことができる「準住居人制度」も充実しているので、メイン拠点の家賃+1万円で、東京の拠点もゲットすることができますよ。

外部リンク:リバ邸公式ページ

2.地方であれば静かな環境で淡々とコンテンツを量産できる

先ほど、

こーせい
東京は程よいストレスがあってモチベーションが高まる!

と言いましたが、とは言っても、やはり東京はどこに行ってもカフェは人混みで溢れかえっています。

しかし、地方に行けば平日の昼間であれば、カフェはほとんど空いています。

そして時間を気にすることなく、淡々とコンテンツを量産できるので、ブログやYouTubeをメインにやっているフリーランスであれば、「地方」の環境はまさにメリット尽くしでしょう。

僕がおすすめする理想のライフスタイルは、地方で淡々とコンテンツを作りつつ、東京で新たな刺激をもらいながら、コンテンツに換えられる情報を集める生活が良いですね。

この記事も、東京に行ったからこそ書けているっていうのもあります。

3.地方のメイン拠点なら「福岡」がおすすめ

最後に我が地元福岡の自慢みたいになってしまいますが、自慢です。

こーせい
福岡はフリーランスにとって最高の環境が整っていますよ!

地方にメイン拠点を構えるのであれば、断トツで福岡がおすすめです。

福岡に23年間住む僕が、福岡のおすすめポイントをまとめてみました。

  • 家賃が東京の半分
  • 物価が安い
  • 飯がウマイ!(おすすめはもつ鍋・ラーメン)
  • 市が独立・起業を支援してくれる!
  • 中心部の天神・博多間は徒歩で30分
  • 日中でも比較的カフェが空いている
  • おしゃれなカフェ・バーがたくさん!
  • 博多駅から福岡空港まで地下鉄で10分という立地の良さ!

他にもたくさんありますが、特におすすめのポイントをまとめてみました。

僕自身福岡の中心部である、天神と博多の間に住んでいますが、移動手段は毎日徒歩です。

毎日歩くので交通費はかかりませんし、運動にもなるので健康維持にも繋がります。

また、何と言っても空港が近い!

福岡空港から羽田空港まで約1.5時間なので、空港に前入りする時間も考えると、2時間ちょっとで東京に行くことができちゃうんです。

こーせい
同じ九州の宮崎・鹿児島やお隣の四国に行くよりも断然近いよ!

また、大阪も新幹線で2時間ちょっとなので、福岡から全国の主要都市へのアクセスは抜群です。

まさにメイン拠点にふさわしい居住環境と交通の便と言えるでしょう。

さいごに

情報発信をメインに行うフリーランスであれば、定期的に東京に行きつつ、人と会って、「オフ」でしか聞くことができない情報をゲットして、地方で淡々とコンテンツを作っていくライフスタイルがおすすめです。

僕自身、ずっと福岡にこもっていると、せっかくノマドワーカーとして働いているのにそのメリットを活かしきれていないなあ!と思ったんですよね。

ノマドワーカーのメリットは、いつでもどこでも仕事ができることにあるので、このメリットを存分に活かせるライフスタイルは、まさに二拠点生活と言えるでしょう。

メイン拠点を地方に構えつつ、サブ拠点に東京を置いて、今後も発信活動をやっていきますね!

▼あわせて読みたい!▼

関連記事:【地方民必見】圧倒的に成長したいなら、まだまだ東京は捨てたもんじゃない。

【地方民必見】圧倒的に成長したいなら、まだまだ東京は捨てたもんじゃない。

2018.11.18

▼スポンサーのキンピカ様!▼



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。