【大学生】フリーランスを目指すなら「学生団体」に所属するべき。

【大学生】フリーランスを目指すなら「学生団体」に所属するべき。

こんにちは。「飽き性のプロ」こうせい<h_0918_k>です。

この記事を読んでいる大学生のみなさんは、普段何をしていますか?

「今日もサークルの飲み会や〜潰れるまで飲むぞ〜!!」

「あー、、、またシフト入れられた、、、週5バイトだ、、、」

など、サークルやアルバイトをやっている人がほとんどかな〜と思います。

(私立文系なので、そういう偏見があるのはお許しを。笑)

もし、今後フリーランスを目指そうと考えている人がいるなら、「学生団体」に入ってみましょう

2年半学生団体に所属した私が、フリーランスを目指すのであれば学生団体に所属するべき理由をお伝えします!

こんな人にオススメ!

・将来フリーランスを目指している大学生!

・サークル・アルバイト以外にチャレンジしてみたい大学生!

広告

学生団体とは?

「学生団体」とは、複数大学の学生で構成されるサークルのようなものです。

しかし、通常の大学のサークルと異なる点は、

  • 明確なミッション・ビジョンを持って活動をしている
  • 各々が主体性を持って、自分のやりたいことを中心に活動している
  • 他大学だけではなく、社会人など広い人脈を持つことができる

といったところでしょうか。

▼学生団体をより詳しく知りたい方必見!「学生団体総選挙」▼

第4回学生団体総選挙(株式会社賢者屋)

サークルは「遊び」を中心に仲間と交流をしますが、学生団体は「ミッション・ビジョン」があった上で、社会貢献を行う活動を行います。

学生団体をタイプ別に分けると、

  • キャリア支援型(就職活動のサポート・インターンシップの運営)
  • ボランティア型(災害復興活動・海外支援活動・障害者支援活動など)
  • イベント型(イベントの開催を目的に行う)
  • 広報型(フリーペーパーの作成など)

の4つに分けられます。ちなみに私の場合は「キャリア支援型」の学生団体に所属をしていました。

インターンシップの運営を軸に、学生の集客・社会人への営業・広報活動・団体スタッフのサポート・経理など、「1つの会社」のような仕組みで活動を行なっていました。

▼私が入っていた学生団体「NPO法人ドットジェイピー」▼

若者と政治を結ぶ NPO法人ドットジェイピー

フリーランスを目指す人にとって学生団体に入るメリットは?

自己管理能力が身につく

学生団体に所属している学生は、大学の講義・サークル・アルバイトをしている上で、活動を行なっています。

  • 朝〜昼:大学の講義
  • 昼〜夕方:サークル活動
  • 夕方〜夜:アルバイト
  • 夜〜就寝まで:学生団体の活動(PCを使って広報記事の作成など)

そこらへんの社会人より働いていると思います。まじで。笑

やるべきことが増えるので、必然的にタイムマネジメント能力が身につきます。

自分のキャパの中でどれくらいの仕事ができるのか、きちんと見極める能力が身につきます。

フリーランスになったら固定の仕事なんて無いですからね。笑

フリーランスに必要な基本的なスキルが身につく

ここで言う基本的なスキルとは、

  • 発信力
  • マーケティング能力
  • ライティング能力

など、「自分自身」で発信していくような活動です。

例えば、イベントを開催するのであれば、

  • イベントの集客
  • イベントの内容作成
  • イベント当日のファシリテーション
  • 広報
  • 経理などお金周り

など、やるべきことがたくさんあります。

イベントの集客を行う時は、

「あなたにとってこのイベントに参加すると〇〇なメリットがありますよ!」

と常に発信をし続けます。

このように外に向けて発信をする時には、

  • どんな人に参加してもらいたいのか?→市場分析(マーケティング能力)
  • どんな人に向けて広報の文章を作っていくのか?→広告作成(ライティング能力)

が必要です。

私自身、イベントの企画を行なった時には、

発信力・マーケティング能力・ライティング能力をフルに活用していたので、今こうしてブログを書いているのが楽しくて仕方ありません。笑

他大学・社会人と広い人脈を持つことができる

学生団体に入る上で、「人脈を広げる」ことは大きなメリットになります。

私の場合だと、全国に団体の拠点があったので、北は北海道・南は鹿児島まで、広い人脈を作ることができたので基本宿には困りません。笑

また、他大学の学生との交流は、自分の現在地を知るためにも大きなメリットになります。

また、社会人と一緒に何か企画をする場合は、企業やフリーランスの方との人脈も広げることができます

学生のうちから人脈を作っておくと、いざフリーランスとして活動していく時も、「メンター」となる大人がいるので、いつでも相談をすることができますし、また一緒に仕事をすることもできます。

最後に

フリーランスとして自分がやっていきたいことと、学生団体で取り組んでいる内容が一致するのであれば、大いに学生団体を「自分のため」に使い倒しましょう。笑

  • 給料は出ない
  • 毎日顔を合わせるわけでは無い
  • いつのまにか誰か辞めている

など、会社とは大きく異なる点がありますが、それよりも得られるものは大きいと考えています。

  • 自己管理能力の向上
  • フリーランスでやっていくためのスキルが身につく
  • 広い人脈形成

など、学生団体だからこそ、良い意味で融通が聞きます。

今実際にフリーランスとして活動、もしくは大学在学中にフリーランスを目指したい人は、

自分で稼ぐ力をつけるためにブログ等を初めて、プラスαとして学生団体に参加すると良いでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。