「ミニマリスト」という、エッセンシャル思考的生き方のススメ

「ミニマリスト」という、エッセンシャル思考的生き方のススメ

こんにちは。「飽き性のプロ」こうせい<h_0918_k>です。

「ミニマリスト」って聞いたことありますか?

「倹約家のことですか〜?」

「なんかケチな人っぽいなあ…」

世間からはこのように思われがちですが、これは「大間違い」

今日は、そんな「ミニマリスト」的生き方を追求していきます。

こんな人にオススメ!

・普段から無駄遣いをしてしまいがちな人!

・フリーランスを目指したいけど、貯金が少ない人!

・本当の意味での「幸せ」を手に入れたい人!

広告

「ミニマリスト」と「エッセンシャル思考」

ミニマリストとは?

「ミニマリスト」とは、自分にとって必要最低限の物で生活する人たちのこと。

”ミニマリスト代表”で知られる、「しぶ」さんは、このように言っています。

▼ミニマリストしぶさんのブログはこちら▼

ミニマリストしぶのブログ

・なににお金を使い、なにに使わないかを決めたら、人生が動き始めた

「より少なく、しかしよりよく生きる」最低限のお金と物で生きることで、見えてくるものがある。

引用:「手ぶらで生きる。」

「ミニマリスト」と聞くと、「倹約家」「我慢をする生き方」と思われがちですが、そうではない。

自分にとって本当に必要なものを見極めて、心にゆとりを持って生活する生き方であると考えています。

例えば、しぶさんの場合は

  • 固定費を7万円にする(家賃・光熱費・水道代・通信費・食費など)
  • 本当に必要なものにはお金は惜しまない(14万円の高性能洗濯機の購入)
  • 1日1食で生活(健康的に生きる・時間の有効活用)
  • 人間関係もミニマルに(人間関係の断捨離・本当に関わりたい人とだけ関わる)

といったように、自分が満足する水準を下げて、「より少なく、そしてより良く」する生活を送っています。

私自身も、「フリーランス」という生き方を目指す上で、一番心配していたのが「お金」の部分。

これまでの私は、欲しいものはいつでも買って、無駄遣いをしてしまうような性格でした。

例えば、1年しか着ない洋服にお金をかけたり、昼食は外食ばかり摂ったり、コンビニコーヒーを買いまくったり…。

しかし、フリーランスで生きていくには、「より少なく、そしてより良く」する生活をしていくことが大事だと考えるようになりました。

私流のミニマリズムは、

  • 毎日の行動をルーティーン化する(思考のミニマル化)
  • 固定費を決める(お金のミニマル化)
  • 最低限のものだけを持ち歩く(スマホ・ウォークマン・Macbook・本・財布)
  • 無駄な洋服は買わない(最近はniko and…でしか洋服は買っていません)

など、始められそうなものからミニマル化を進めていっています。

この世の中は「モノ」で溢れかえっています。

必要最低限のものだけではなく、雑貨類をはじめ、衣服、サービス、飲食店…。

数あるものの中から、私たちは「選択」をしながら生きています。

しかし、幅広い選択は、私たちを幸福にさせるものではなく、むしろ「浪費」という、不幸への一歩をたどるものになりつつあります。

この「ミニマリズム」の根本の考えは、「エッセンシャル思考」というものに非常によく似ています。

エッセンシャル思考とは?

エッセンシャル思考とは、「ミニマリズム」同様、「より少なく、そしてより良く」を追求した思考法です。

図に表すとこんな感じ。

「ミニマリスト」という、エッセンシャル思考的生き方のススメ

同じエネルギーでも、複数にエネルギーを使ってしまうと、その分成果はでることはありません。

しかし、”1つ”のことに集中することで、ずば抜けた成果を発揮することができます。

例えば、大学入試の「英語」で例えてみましょう。

Aくんは、私立文系の大学を狙っています。

通常、英語の要素を分解すると、「語彙力(英単語など)」「リーディング力」「ライティング力」「文法力」「リスニング力」の5つがあります。

しかし、多くの私立大学の場合、問題形式は

  1. 選択問題が多い(つまり、英作文等の記述問題はない)
  2. リスニングの問題がない
  3. 文法問題は4択

といったところがほとんど。

つまり、私立文系の大学に合格するためには、

  1. 英単語を覚える(語彙力の形成)
  2. 文章読解力をつける(リーディング力の形成)
  3. 英文法の基本を身につける(文法力の形成)

の3つの要素が必要です。

Aくんは、この3つを鍛えるだけで、英語の試験はバッチリでしょう。

つまり、「ライティング」と「リスニング」は問題に出ないので、対策する必要は無し。

このように、最小限の項目で、最大限の力を発揮することができます。

これを実用生活で使う場合、「やらないことリスト」をつくと効果的。

自分が集中したいことに最大限の力を発揮するために、あえて「やらないこと」を決めてしまうんです。

すると、本当にやりたいことに集中できるので、エッセンシャルな生き方をすることができます。

今、やることがいっぱい!と抱えている人は、やらないことリストを作りましょう。

そうすれば、必ず最小限の力で、最大限の成果を発揮することができるはず。

さいごに

今回、なぜこのような記事を書いたかというと、会社を辞めた直後なので、

「自分に必要なものは何か?」をきちんと考えるために、あえて記事にしました。

人間、年収1000万円も稼がなくても、満足のいく生活を送ることはできます。

▼こちらの記事も読まれています▼

「夢は年収1000万円」って人に読んでほしい。私に必要なお金を計算してみた。

そのためには、本当に自分に必要なものは何か?をきちんと考えて、やらないことを決めることが大事。

「自己実現」を目指す時代、まずは自分にとっての「幸せ」について、この機会に考えてみると、新しい未来が開けるかも?

▼就活は「キャリアアドバイザー.com」!▼



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。