オンラインサロンを2ヶ月間運営して見えた課題と今後の展望【ガチサロン】

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。

僕が主宰するオンラインサロンガチサロンですが、早くも2ヶ月目が終了しようとしています。

フォロワー900人時代の時に勢いで始めたサロンですが、今では僕のフォロワーも3000人を超え、サロンメンバーも20名を超えるようになりました。

今回は、小規模のオンラインサロンを2ヶ月間運営してきて見えてきた課題と、今後「ガチサロン」をどういう方向に進めていくのか、という2点について、詳しく説明していきます。

「オンラインサロンを始めたいけど、どんなコンセプトで始めたら良いのか分からない!」

って方は必見です。

こんな人にオススメ!
  • ガチサロンに入ろうか迷っている人!(運営者の内側が覗けます)
  • オンラインサロンを立ち上げてみたい人!
広告

オンラインサロンを2ヶ月間運営して見えた課題

ざっくりツイートでまとめていますが、ガチサロンは2ヶ月目から大きくコンセプトを変えました。

  • 「ROM専禁止」ルールの撤廃
  • 毎日ラジオ配信
  • 週1回のオンライン飲み会の開催
  • ブログ・SNSで「発信力を鍛える」サロンへ
  • メインチャットはLINEグループに変更

「20代以下限定」というルールは変えずに、「オンライン」と「オフライン」の境界線が無くなるようなサロンに変更しています。

1.毎日「ラジオ配信」を行ってみた

こちらは11/27のラジオ配信を、メンバーのやまゆう<@yamayuu_sns がまとめてくれたものです。

音声コンテンツ形式のYouTube・Voicy・インスタライブなど、インフルエンサーによる「声のアウトプット」が盛り上がりを見せていたので、僕も「声のアウトプット」をサロン内のラジオで始めてみることに。

これが案外好評で、ラジオ配信は「やってみて正解だったな」と。

しかし、録音機能をつけていなかったので、リアルタイムでラジオを聴けなかったサロンメンバーを取りこぼしてしまう結果になってしまいました。

12月以降は「録画機能」をつけるのもアリかな?と思っています。

しかし、「リアルタイムのプレミア感」がなくなってしまうので、ちょっと悩ましいところ。

小規模オンラインサロンは「ラジオ配信」を必須に!

小規模オンラインサロンのメリットは、「メンバーとの距離が近い」ことです。

その距離をさらに縮めてくれるのが、「ラジオ配信」

  • メンバーの声を聴くことができるので親近感が沸く
  • ラジオ配信者にとっても「声のアウトプット」になる
  • オンラインサロンの会費の価値を見出せる

サクッとポイントをまとめると、こんな感じかなと。

2.週1回の「オンライン飲み会」の実施


11月から「オンライン飲み会」を始めてみました。

これが超良いんですよ。笑

  • 「オンライン」なので飲み会代がかからない(缶ビール1本分)
  • メンバーの顔を見て交流できる
  • 「オンライン」と「オフライン」の境界が無くなる

オンラインサロンってどうしても「文字」だけのやりとりになってしまいがちなので、メンバーの性格を知るためにはやはり「顔」を見て話したいですよね?

そんな時のオススメなのが、このオンライン飲み会です。

オンライン飲み会で交流することで、その後のチャットでのやりとりもフレンドリーになるし、変に気を使わなくてよくなるんですよね。

これは「小規模のオンラインサロンでしかできない醍醐味かな?」と思っています。

12月以降はメンバーも増えるので、実施回数を増やしていきたいところですね。

小規模オンラインサロンは「オンライン飲み会」を必須に!

オンライン飲み会を通じて、メンバーの顔と声が分かるので、

その後のコミュニケーションが弾みます。

  • 「オンライン」なので飲み会代がかからない(缶ビール1本分)
  • メンバーの顔を見て交流できる
  • 「オンライン」と「オフライン」の境界が無くなる

先程もまとめましたが、もう一度載せておきます。

3.メインチャットは「LINEグループ」がオススメ

10月は「Discord」をメインに使っていましたが、やはり手軽さは「LINEグループ」に負けます。

そこで、11月からは「LINEグループ」をメインチャットに使ってみることにしました。

その結果…

こうせい
毎日通知が途絶えることはありませんでした!盛り上がりすぎ…!

毎日有益なことからくだらないことまで、話が途切れることはまずありませんでした!

しかし一方で、「通知が溜まってしまって情報を追えない!」という声もあったので、

有益な情報は「LINEのノート」に残しておくなり、「Discord」のチャット(ストック用)に残しておく必要があります。

小規模オンラインサロンは「LINEグループ」で交流しよう!

99%の人が「LINE」を使用しているので、手軽に交流するのであれば、LINEグループがオススメです。

  • 手軽なのでスマホでサクッと交流できる
  • 小規模のオンラインサロンだからこそできる
  • 気を遣わずに交流できる

サロンメンバーが40人以下(1クラスの人数以下)でないと厳しいかも?

今後の「ガチサロン」の展望

僕が理想とするオンラインサロンは、「n:n(メンバー:メンバーで交流できる)」のコミュニティなので、11月はその状態に近づけたのかな?といった感想です。

12月は、11月に新しく始めたことに加えて、次のことをやっていきたいなと。

1.「部活制度」の実施

これはイケハヤさん・正田さん主宰の「脱社畜サロン」に入って得た着想ですが、

サロンメンバーでも擬似コミュニティ運営ができるように、「ガチサロン」内に部活を設置して、部長をやってみたい人にその部活を任してみる制度です。

今のところ出た案としては、

  • 恋愛部
  • 関西弁部
  • デザイン部
  • 起業部

こんな感じでしょうか?

現在サロンメンバーには、デザイナープログラマーもいるので、彼らのスキルを活用できる仕組みを整えていきたいですね。

2.オンラインサロンのコラボ企画

すでに「K2 select」という、かむろこうた<@kamuro319 >氏が主宰するサロンとコラボをしていますが、12月も引き続き続けていきたいなと。

今やっているコラボ企画はこちら。

「ツイッターの間」というコミュニティで、

「楽しくツイッター運用をしてフォロワーを増やして行こう!」

というコンセプトでやっています。

ツイッターの間だけの入会だと、月額1,500円ですが、ガチサロン(月額2,980円)メンバーは無料で利用できる特典をつけています。

他サロンとのコラボは、サロンの認知度を高めることができますし、コラボをすることで今後新しいサービスが生まれる可能性を秘めているので超オススメです。

まとめ:オンラインサロンは「生き物」です

結論から言うと、オンラインサロンは「生き物」みたいなものです。

最初からコンセプトが決まっていて、制度が整っていて、サロンメンバーの交流が活発にできる!なんてことはほとんどないです。

毎日試行錯誤しながら、コンセプトをちょっと変えてみたり、新しい企画を打ち出しながら成長していくものです。

ガチサロンも初月の頃から比べると、全く違うオンラインサロンになりましたが、これも1つの進化だと捉えています。

人間が成長しなかったら停滞するのと同様に、オンラインサロンも日々成長させていかないと、いずれ停滞してしまいます。

11月は比較的理想型に近づいたので、12月は、11月の良い部分を残しつつ、さらにサロンを進化させていきますね。

また、現在ガチサロンでは★3期生★を募集中です!

以下の記事に概要をまとめていますので、気になる方は僕のツイッター<h_0918_k>のDMにご連絡ください!

関連記事:まだサロン選びで消耗してるの?20代限定・発信力をつける【ガチサロン】

【募集停止中】まだサロン選びで消耗してるの発信力を鍛える【ガチサロン】

2018.09.19

▼あわせて読みたい!▼

関連記事:サロンオーナーになりたいなら、さっさとサロンを作って実践しろ。【まずは行動】

サロンオーナーになりたいなら、さっさとサロンを作って実践しろ。【まずは行動】

2018.10.28

関連記事:これからは「小規模のオンラインサロン」が必ず流行る理由を説明しよう

これからは「小規模のオンラインサロン」が必ず流行る理由を説明しよう

2018.11.12

▼就活は「キャリアアドバイザー.com」!▼



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。