独立&ブログ開始2ヶ月目の僕がオンラインサロンを立ち上げた3つの理由

独立&ブログ開始2ヶ月目の僕がオンラインサロンを立ち上げた3つの理由
こうせい
独立&ブログを始めてから2ヶ月しか経っていない僕が、オンラインサロンを立ち上げた理由を全てお伝えします

こんにちは。こうせい<h_0918_k>です。

先日、10月からスタートするオンラインサロン「ガチサロン」を立ち上げました。

※ガチサロンとは?…「ROM専禁止」「20代限定」をコンセプトに、1ヶ月間目標にコミットしていくサロン

普通、オンラインサロンを立ち上げる人って、

  • ホリエモン
  • キングコングの西野さん
  • 幻冬舎の箕輪さん

といった著名な方々が多いですよね。

しかし、最近では言わば一般人でも、オンラインサロンを立ち上げるのは比較的簡単になりつつあります。

その典型的な例が、プロブロガー「イケダハヤト」さん<IHayato>さんが立ち上げた、

ブロガーが集うプラットフォーム「ブロガーズギルド(通称:ブロギル)」。

このブロギルでは、無料で交流できる「部活」という制度がありますが、ブロギル内には有料サロンが約20個もあります。

ちなみに、ブロギル内でオンラインサロンを始める場合は、

イケハヤさんに企画の概要をDMで送って承認が下りれば誰でも作ることが可能です。

(2018年9月の情報なので、今後変わる可能性あり。)

「でもそれって、そこそこ有名な人じゃないと作れないんじゃないの?」

こう思っている方もいると思いますが、ガチサロンを作った僕自身、ブログを初めてまだ2ヶ月目の言わば「初心者」

普通だったら「サロンを作ろう!」とは思わないですよね。笑

でも、僕はそんな常識を覆したいと思い、オンラインサロンを立ち上げました。

今回は、そんな僕がオンラインサロンを立ち上げた3つの理由をお伝えします。

広告

3つの理由を説明する前に:大学時代でのコミュニティ運営の経験

オンラインサロンを立ち上げた3つの理由を説明する前に、

僕は大学時代、半年間だけコミュニティ運営を経験したことがあります。

「NPO法人ドットジェイピー福岡支部<dot_jp_fukuoka >」での代表の経験です。

※NPO法人ドットジェイピーとは?…大学生を対象に「議員インターンシップ」「NPO・大使館インターンシップ」を提供する学生団体。学生団体の中では、総学生スタッフ数日本一。

ドットジェイピー

僕は大学4年生のうちの半年間、ドットジェイピーの活動にほぼ全てを捧げました。笑

(授業もゼミだけだったのでコミットできた、というのもあります。笑)

簡単に半年間でのコミュニティ運営の経験をまとめると、

【1】

同じ志をもって集まっているとしても、「人」は「人」。

意見の食い違いがあるのは当たり前。そこを「どう取りまとめていくか?」がコミュニティを運営する側の役割。

【2】

コミュニティを運営する側は言わば「コミュニティの顔」。運営者によってコミュニティの雰囲気が変わる。

もちろん、合う・合わない人が出てきて当然。

【3】

一人で全てしようと思わないこと。基本的に仕事はメンバーに振る。

コミュニティを運営する側は、メンバーと連絡を取ったり、緊急事態に対応でいるように常にフリーでいることが大切。

【4】

極論、コミュニティを運営する側がいなくなっても、コミュニティが回る仕組みを作り出すことが重要。

メンバー一人一人がコミュニティを運営する側だ、という意識を持たせる重要性。

といった感じです。

たかが「学生団体」と思われがちですが、当時の僕の生活は、

  • 毎日1〜2人のメンバーと深夜3時まで電話ミーティング
  • 学生へのインターンシップの説明・議員営業などの訪問活動
  • 常にメールやLINEをチェックして、情報を仕入れる
  • 緊急事態が起きたらすぐに向かう

といったように、大学生らしからぬ生活。正直しんどい時もありましたが、

それでも「仲間と一緒に目標を達成させる楽しさ」は、かけがいのない経験になりました。

大学4年の時に、「人を動かす」側にいたせいか、就職してからもその考えが抜けず。

先輩から自分の仕事のやり方が良くない!と指摘された時は、

「僕は労働者向いてないな。笑」と思っていました。

そして案の定8月に勢いで会社を辞めて、今に至っています。

僕がオンラインサロンを立ち上げた3つの理由

さて、前置きはこの辺で。笑 ここで本題に入ります。

1.「コミュニティ運営」という得意分野が活かせると思ったから

先ほども話したように、大学4年生のうちの半年間、僕はコミュニティ運営に携わっていました。

こうせい
もう一度この経験を踏まえてレベルアップしたい!

そう思った時に目に飛び込んだのが、ブロギル。

元々「ブログで食っていこう!」と決めて8月に独立しましたが、「コミュニティ運営」でマネタイズができるのであれば、飛び込まない理由がないですよね。

また、ブロギルでは今オンラインサロンブームが来ています。特に知名度がなくても、

「サロンの目的」さえきちんとしていれば、誰だって立ち上げることが可能です。

そんな絶好の機会に、「僕はまだまだだから…」という理由で行動しないなんてもったいない。

ホリエモン<takapon_jpもよく口に出して言っていますが、

自分の人生を切り拓くためには、とにかく「行動」するしかないです。

2.ブログ・有料noteに次いでローリスクでマネタイズができるから

僕が運営する「ガチサロン」では、月額2,980円の会費をいただいています。

「お金目的でサロンを運営しているの?」

そう思った方もいるかもしれませんが、お金を頂いているということは、それだけオーナーである僕に全ての責任が伴うと考えています。

サロンに入ってくれたメンバーは、

「自分の目標を達成させたい!」

「これまでの自分を変えたい!」

こういった「理由」があって、僕のオンラインサロンを選んで入っています。

しかし、オーナーである僕自身が、サロンの中で何も還元しなかったら、それこそお金の搾取ですよね。

僕はこの「お金を頂いている」という感覚がとても大切だと思っていて、頂いている以上は、僕自身もサロン内にGIVEしていかないといけないし、自分自身も成長しないといけない。

サロンオーナーとしての僕の目標は、

  • 1ヶ月間「入ってよかった!」って思えるコミュニティを創り出す
  • メンバー全員が「目標」にコミットできる環境を創り出す
  • メンバー全員が「目標」を達成する

この3つです。

この3つを達成させるためにも、僕は日々インプットとアウトプットをしなければいけません。

「お金を頂いている」以上、サロンで一番頑張らなければいけないのは、オーナーである僕自身であると考えています。

3.共通の「想い」を持った仲間が欲しかった

「自分に一番合うコミュニティに出会う方法は?」

こんな質問をされた時、みなさんならどう答えますか?

僕だったら、

「自分でコミュニティを創り出す」

と答えるでしょう。

僕の理想のコミュニティは、

  • メンバー全員がお互いに切磋琢磨できる環境
  • GIVEの精神を恐れずに、皆が「良い!」と思った情報を発信できる環境
  • とにかくワイワイできる環境

であると考えています。

もちろん、探せばこういったコミュニティは絶対に見つかりますが、

僕は「事業家」タイプなので、自分で作り出した方が簡単だな、と思いました。

10月から本格始動なので、まだオンラインサロン自体は始まっていませんが、この盛り上がりです。


今回、サロンのアドバイザーとして、

に協力を頂いていますが、この2人のガヤ力がほんと凄い。笑

「ROM専禁止」サロンにもってこいのアドバイザーです。笑

オンラインサロンを作ると、自分が持っていないスキル・才能を持ったメンバーが集まるので、

自分自身も大きな学びになっています。

特に、かなペイ氏<Kohei_sarariman >は自ら「ガヤ隊長」を名乗るくらい、サロンを盛り上げてくれています。笑

イケハヤさんも言っていますが、「n:n」のコミュニティの形に近づいているので、今後が楽しみですね。

さいごに

ガチサロンはまだ始まっていませんが、すでにこの盛り上がり様。

10月からは、メンバー全員が目標に向かってコミットしていきます。もちろん僕も。

お互いが切磋琢磨できる環境、どこまでできるかわかりませんが、10月はサロン運営にも全力でコミットしていきますね。

もちろん、ブログの更新も怠らずに。

10月の運用次第では、2期生の募集も考えています!興味があればぜひ!

▼ガチサロンの詳細はこちら!▼

ROM専禁止!?20代限定の完全コミット型サロンを作ります【ガチサロン】

▼スポンサーのキンピカ様!▼



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。