都心部の一人暮らしならスポーツジムの近くに住むべき理由

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。


結論から言うと、都心部で一人暮らしをするなら絶対スポーツジムの近くに住んだ方が良いんですよね。

最近ではコンパクトな24時間営業のジムが増えているので、探せばどこにでもあるんです。

広告

都心部の一人暮らしならスポーツジムの近くに住むべき理由


僕は家から歩いて1分のところにスポーツジムがある好立地に住んでいるんですけど、週に3〜4回のペースで通っています。

僕の家の近くにあるのはエニタイムフィットネスという24時間営業のコンパクトなスポーツジムですが、

  • 月額6,800円と割安
  • 24時間営業なのでいつでも行ける
  • 基本的な筋トレマシン完備
  • ランニングマシン・バイク等の有酸素マシン完備
  • シャワー完備

こんな感じで、月7,000円弱で基本的な筋トレから有酸素運動まで、日頃の運動不足を解消できるようなマシンが完備されているので週3〜4回も行けば運動不足の解消に繋がります。

また、一人暮らしに嬉しいのが…シャワーが完備されているところなんですよね。

一人暮らしのガス代と水道代の大半を占めるのがシャワーっていうのをご存知でしたか?

つまり、日頃のシャワーをスポーツジムで済ませておけばガス代と水道代の節約になって、さらにスポーツジムのマシンで体を鍛えることができるのでまさに一石二鳥。

日々節約と戦っている大学生や20代会社員にとっては、スポーツジムは体を鍛えながら節約効果があるという、まさに最高の環境ですね。

スポーツジムは家の近所にあるからこそ、通う頻度が高くなる

結論から言うと、「スポーツジムに通って体を鍛えたい!」と考えているのであれば、スポーツジムの近所に住むのが最大のモチベーションアップに繋がります。

正直、スポーツジムが家から遠い場所にあったら行く気がしないですよね…。

とくに冬場は寒いので基本外に出たくないし、スポーツジムでシャワーを浴びてスッキリしても湯冷めして風邪を引いてしまう時だってあります。

「スポーツジムに通って体を鍛えたい!」と考えている方は、スポーツジムの近所に引っ越しましょう。

先ほどもお伝えしましたが、僕の場合は家から徒歩1分のところにあるエニタイムフィットネスに通っているので、運動が終わったら歩いてサクッと帰ることができます。

また、契約するスポーツジムは24時間営業のジムがおすすめ。

会社員の方であれば、家の近所にあるジムと、会社の近くにあるジム両方を活用することができるので、「今日は残業で疲れているけどジムに通うか〜!」と思った時に、会社の近くにあるのでやる気を維持しながらジムに通うことができますよ。

また、エニタイムフィットネスは日本国内の店舗だけではなく、世界中の店舗も使い放題になるので、長期で海外にいく際も気軽に利用することができます。

【最後に】これからの時代は健康管理が大切です

日頃デスクワークで運動不足に悩んでいる方は、早いうちにスポーツジムに契約しておくのをおすすめします。

運動不足って、20代のうちはなんとも思わないんですけど、30代、40代、と年齢を重ねていくと「メタボリック症候群」「糖尿病」といった病気を発症するリスクが高まるんですよね。

体を健康に保つ秘訣は、若いうちから栄養価の高い食事を意識しながら、適度な運動を行うことが大切です。

そのためにも、スポーツジムに徒歩で通える範囲の場所に住んで、日々の健康管理のモチベーションを維持していきましょう。

また、エニタイムフィットネスに通う前はJOYFIT24という他の24時間営業のジムに通っていたので、JOYFIT24の詳細はこちらの記事にまとめています。

個人的な感想をお伝えすると、JOYFIT24は6ヶ月の契約の縛りがあってエニタイムよりも割高なので、エニタイムフィットネスの契約をおすすめします。

関連記事:JOYFIT24(ジョイフィット24)って実際どうなの?気になる口コミ・感想を利用者が教えます!

JOYFIT24(ジョイフィット24)って実際どうなの?気になる口コミ・感想を利用者が教えます!

2018.08.24

「ブログ」で月5万円の副収入を稼ごう!

誰でも簡単に始められる副業として、今大注目なのが「ブログ」。

当ブログでは、「画像70枚」を使ってWordPressでブログを始める方法を
【無料】で初心者でもわかりやすく解説しています!



1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。