【大学受験】「スタディサプリ」を活用して日本史Bで偏差値70を目指す方法【経験談】

こんにちは。大学受験時代にスタディサプリ」(当時は受験サプリ)を活用して、日本史を偏差値70まで伸ばすことができたこーせい<h_0918_k>です。

本記事を読んでいるあなたは、

  • スタディサプリの日本史を受講して、偏差値を上げたい…!
  • 日本史の受験勉強を効率よく進めたい…!

という悩みを抱えているはずです。

そこで本記事では、実際にスタディサプリを活用して、日本史の偏差値を40→70までアップさせることに成功した僕が、「スタディサプリの日本史を活用して偏差値をアップさせる勉強方法」について、詳しく解説していきます。

こーせい
本記事で紹介する勉強方法で、僕はセンター試験の本番(2014年度)では95点を獲得することができました!

「これから日本史の偏差値を上げていきたい!」と考えている受験生は、ぜひ参考にしてみてください!

月額980円で大学受験の講義が受け放題になるサービス!

  • スタディサプリ:月額980円でプロ講師陣の講義が受け放題!14日間無料で体験できる!

▼スタディサプリの詳細はこちら!▼

広告

【その前に】月額980円でプロ講師陣の講義が受け放題「スタディサプリ」とは?

スタディサプリとは、リクルートが提供している中高生向けのオンライン学習サービスです。

大きな特徴としては、月額980円でプロ講師陣のハイレベルな講義が受け放題になるところでしょう。

こーせい
僕が使用していた時は「受験サプリ」という名前でしたが、大学受験に必要な知識を月額980円で受け放題になるのは今も変わっていません!

スタディサプリの概要を簡単にまとめてみました!

  • 月額980円でプロ講師陣のハイレベルな講義が受け放題になる!
  • 担当のコーチが就く「合格特訓コース」は月額9,800円!
  • 講義動画は全教科受け放題!
  • 講義で使用するテキストは無料ダウンロードができる!

こんな感じで、スタディサプリは月額980円(合格特訓コースは月額9,800円)で、あなたの大学受験をサポートしてくれる特典が満載です。

また、スタディサプリを使用すると、大手予備校に通うよりも大学受験の費用を圧倒的に安く済ませることができるんですよね…。

こんな感じで、大手予備校に通うよりも年間40〜50万円安く抑えることができるので、家計への負担がほとんどかからないんです。

こーせい
自ら進んで勉強できるタイプの受験生であれば、スタディサプリとの相性は抜群でしょう!

スタディサプリ14日間無料体験ができるので、この機会にぜひ試してみてください!

▼スタディサプリの詳細はこちら!▼

「スタディサプリ」の日本史を活用して、偏差値70を目指す勉強法

ここからは、僕が実際にスタディサプリを活用して、偏差値40→70までアップさせた勉強方法について紹介していきます。

また、僕が使用したおすすめの問題集も一緒に紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。

1.日本史の講義動画を受講する

※YouTubeにおためし動画があったので貼り付けています。

まずは日本史の講義を受講しましょう(予習は不要です)!

日本史の講師は伊藤賀一先生ですが、伊藤先生の講義って本当に面白いんですよね…これまで「点」でしか見ることができなかった日本史の流れを、「線」で見ることができるので日本史の知識がスーッと頭の中に入ってきます。

また、スタディサプリのテキストは無料でダウンロードすることができますが、日本史のテキストは購入しておきましょう(980円で購入できます)!

やはり復習の際にテキストを見返すことがあるので、コピー用紙に印刷したテキストってまとめるのが面倒じゃないですか…ここはテキストを購入して、いつでも見返せる状態を作っておきましょう(参考書1冊分よりも安いので、惜しまず購入を)!

こーせい
僕の場合、2日に1本講義動画を見る習慣をつけていました!通史編だけでも全50回分はあるので、3ヶ月ちょっとで講義を見終えるペースになります。

2.講義を見終えたら、すぐに「日本史一問一答問題集」を解く!

講義を見終わったら、その日のうちに該当する単元の「日本史一問一答問題集」を解きましょう!

ちなみに、僕が使用していたのは東進が出している一問一答問題集でした(基本〜難関大レベルまで対応しているので、難関私大や国公立の記述試験がある方にはおすすめです)。

勉強方法としては、「赤シートで隠して問題を読む」→「問題を頭の中で答える」だけでOKです。

センター試験レベルであれば記述問題はありませんので、無理に漢字を覚える必要はありません。

また、私大入試や国公立の記述試験を控えている方でも、問題集を解くことで漢字は自然に覚えるのでこの段階では「書く」作業は要らないかな?と。

こーせい
この段階では覚えていなくてOKです!一問一答問題集を実際に解いて、間違えて、覚えていきましょう!

3.山川出版社の「日本史B総合テスト」で基本知識を覚える

一問一答問題集同様、講義を受けたその日に、該当単元の「日本史B総合テスト」を解きましょう。

※「日本史B総合テスト」とは?…山川出版社が出している日本史の基本〜応用レベルまで網羅している問題集で、基本知識を押さえるには格好の教材。

僕の場合は学校で配布された問題集が 「日本史B総合テスト」だったので、そのままこの教材を使用していましたが、もし他の問題集を学校で配布されている場合は、そちらの問題集でもOKです。

この段階で大事なのは、「基本知識を網羅する」「歴史の流れを理解する」ことなので、正直どの問題集でもOKです。

あなたが使いやすいと感じた問題集を使ってくださいね!

4.旺文社の「日本史B標準問題精講」で応用レベルの知識を身に着ける

「1.講義を受講する」「2.一問一答問題集を解く」「3.基本知識を問題集で押さえる」という流れを終えたら、土日を活用して応用レベルの問題に挑戦してみましょう。

僕が使用していたのは、旺文社の「日本史B標準問題精講」です。

※「日本史B標準問題精講」とは?…旺文社が出版している応用〜難関大レベルに対応している問題集で、問題は全て実際に大学入試で出題されたハイレベルな問題を取り扱っている。

この問題集、生半可な気持ちで取り組んだらまじで挫折するレベルの問題集なんですけど、問題は全てMARCHレベル以上の大学の入試問題を使用しているので、2〜3回繰り返し解くことでかなりの力が身につきます。

こーせい
「この問題集を繰り返し説いたことで、偏差値がアップした…!」と言っても過言ではありません!

問題のレベルが高いので、講義&基本的な復習は平日に実施して、「日本史B標準問題精講」は該当する単元を土日に解く、といった流れで勉強していました。

また、この問題集は一通り解き終わったら、受験本番まで苦手単元は何度も解き直しましょう!

解説も分かりやすいので、何度も解けば難関大レベルの実力は確実に身に付きます。

5.センター試験&志望校の過去問を解きまくる

約3ヶ月間みっちり講義を受けて、復習をこなした後はひたすら過去問を解きまくりましょう。

僕の場合は、

  • 第1回〜昨年のセンター試験の過去問全て
  • 駿台や河合塾が出版しているセンター模試の問題
  • 志望校だけではなく、MARCH・早慶レベルの過去問

こんな感じで、センター試験は全ての過去問を、志望校の過去問に関しては直近5年分を全て解いた後は早慶レベルの過去問を解いていました。

日本史って、「全てを暗記してから問題を解くべき!」みたいな思い込みがあると思いますが、それは間違いなんですよね…6〜7割覚えている時点で問題を解いて、間違えた問題を徹底的に復習して覚えることに徹するしかないんです。

書店で売っていないセンター試験や志望校の過去問(2〜3年以上前のもの)は、中古本をAmazonや楽天市場で手軽に購入することができるので、この機会に合わせてチェックしてみてください。

【最後に】日本史の知識を網羅するまでのルートを紹介します !

「これから本格的に受験勉強を始めていきたい!」と考えている受験生向けに、僕がおすすめするスタディサプリを活用した日本史の勉強方法を伝授します。

  • 4月〜9月:「スタディサプリ」の日本史(通史編)全50講義の受講&単元別で復習
  • 10月〜11月:「スタディサプリ」の日本史(文化史編)全12講義の受講&単元別で復習
  • 12月〜受験日:過去問を解く&苦手分野の集中特訓(問題集を解く、など)

こんな感じで、秋までに通史編&文化史編の講義の受講&復習を済ませたら、過去問演習に取り掛かりましょう。

かなりゆとりを持たせたスケジュールになるので、早い人では夏休みまでに全講義の受講が済むかもしれません。

日本史の偏差値をあげる秘訣は、「問題を解くこと」です。

これはどの科目でも共通して言えることですが、いくら知識を詰め込んだとしても、実際の本番(入試)に慣れておかないと持っている知識を活用することができないんですよね。

また、問題を解くことで自分の苦手分野も分かるので、一通り通史を押さえたら苦手分野の克服に集中して取り組めば良いんです。

あなたもスタディサプリを活用して、日本史の偏差値をアップさせていきましょう!

月額980円で大学受験の講義が受け放題になるサービス!

  • スタディサプリ:月額980円でプロ講師陣の講義が受け放題!14日間無料で体験できる!

▼スタディサプリの詳細はこちら!▼

▼あわせて読みたい!▼

関連記事:【受験生必見】誰でもできる!英単語を1ヶ月で1000個暗記する方法を元塾講師が紹介

【受験生必見】誰でもできる!英単語を1ヶ月で1000個暗記する方法を元塾講師が紹介

2018.10.24

▼スポンサーのキンピカ様!▼



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。