【保存版】ツイッターが伸びない時の3つの対策方法(フォロワー500人以上向け)【無料公開】

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。


以前noteマガジンで書いていた内容を無料公開します。

僕自身、最近ツイッターが伸び悩んでいたので、

  • 何をすると伸び悩むのか?
  • 逆に何をすると伸びが戻るのか?

が分かってきたので、今回みなさんに還元します。

また、本記事はフォロワー500人以上の方向けに書いていますので、フォロワーが500人に達していない方は以前無料で公開したこちらの記事をどうぞ!

関連記事:【保存版】フォロワー1000人未満のためのツイッター運営の教科書【全部無料】

【保存版】フォロワー1000人未満のためのツイッター運営の教科書【全部無料】

2018.11.16

広告

0.はじめに:フォロワーを増やすことは良いことなのか?

ツイッターを見ていると、

  • フォロワー増やしが目的の運用は意味がない!
  • 最近は内容が薄っぺらい人が多い!

と、いろんな意見が飛び交っています。

僕自身、「フォロワー増やし」が目的の運用は意味がないと思っていますし、内容が薄っぺらいツイートをしても、薄っぺらいフォロワーしかついてこないものだと思っています。

しかし、それでもやはりフォロワーは増やすべきだと考えています。

1.フォロワーを増やして何をしていきたいのか?
2.影響力をつけて、社会にどんなことを還元していきたいのか?

この2つが言語化できていれば大丈夫です。

僕の場合は、

1.信用経済で生きていく基盤を作るため
2.「フリーランス」という生き方を浸透させたい

大雑把に答えると、こんな感じでしょうか。

そして、フォロワー数はあなたの資産になります。

あなたが独自の商品を作った時、その商品を売る流通網になりますし、新規事業を起こす際にクラウドファンディングを行なった場合、ツイッターを使って拡散をすることで、多くの方に支援を募ることができるんです。

この辺りは、こちらの記事に詳しく書いていますので、合わせて読んでみてください。

関連記事:「お金2.0」から紐解く、SNSのフォロワー数が資産になる3つの理由

「お金2.0」から紐解く、SNSのフォロワー数が資産になる3つの理由

2019.02.06

1.ツイッターアナリティクス&ソーシャルドッグを使って分析を行う

あなたのツイッターが伸び悩む理由は、大きく2つに分かれると考えています。

1.1日のフォロー数よりもフォロー解除が多い
2.そもそも1日にフォローされる数が少ない

まず1つ目の、「フォロー数よりもフォロワー解除数が多い」という点に関して。

ソーシャルドッグというツールをご存知ですか?

無料でツイッターの解析ができるツールで、

  • 1日にフォローされた数
  • 1日にフォロー解除された数
  • あなたのツイッターのアクティブユーザー

ツイッターアナリティクス(ツイッター社公認の解析ツール)だけでは知ることができないことをチェックすることができるツールです。

このツイッターアナリティクスの、「新規フォロワー」「フォロワー数解除」に着目しましょう。

これは僕のソーシャルドッグの画面です。

2/10の場合、新規のフォロワーは43人に対し、フォロワー解除は42人。

つまり、43人フォロワーが増えているのに、フォロワー解除が43人いるので、実質1人しか増えていない計算になります。

これを見ると、僕の弱点がわかります。

  • 既存のフォロワーの解除が多い
  • 一方で新規のフォロワーもそこまで増えていない

さらに詳しく紐解くと、

  • 既存のフォロワーの解除が多い
    →1日30ツイート以上するとフォロワー解除が多くなる
  • 新規のフォロワーが増えていない
    →プロフィールのアクセス数が下がっている
    →インプレッション数は上がっているので、プロフィールに問題がある

といったことを導き出すことができます。

毎日のツイート数はスプレッドシートで管理しているので、やはりツイート数が多い日ほど解除されやすい傾向があることがわかりました。

また、僕のツイッターアナリティクスの画面はこんな感じ。

インプレッション数は上がっているのに、プロフィールのアクセス数が足りません。

つまり、

  • 名前
  • アイコン
  • プロフィール

この3つの改善が必要です。

僕の場合、名前を「こーせい / 新卒フリーランス」から「こーせい / 4ヶ月で会社を辞めて独立」に変えたところ、若干ですが以前よりもフォロワーが増えやすくなりました。

やはり名前のインパクトって大事ですね。痛感。

最後に、ツイッターアナリティクスとソーシャルドッグの効果的な使い方をまとめておきます。

まず、ツイッターアナリティクスに関して。

ツイッターアナリティクスでは、

  • ツイートインプレッション数
  • プロフィールアクセス数

この2つに着目しましょう。

ツイートインプレッションは高いけど、プロフィールのアクセス数が下がっている時は、「名前」「アイコン」「プロフィール」の改善が必要です。

一方で、ツイートインプレッションは下がっているけど、プロフィールのアクセス数が高い時は、「刺さるツイート」を届けることを意識しましょう。

「刺さるツイート」とは、あなたが過去いいね数が多かったツイートの型を使って、新しい情報を届けたりするような「バズ」を起こすことです。

ソーシャルドッグでは、

  • 新規フォロワー数
  • フォロワー解除数

この2つに着目を。

新規フォロワー数よりもフォロワー解除数が上回っている場合、既存のフォロワーの解除が多い証拠です。

必ず原因があるはずなので、数字を元に探りましょう。

僕の場合は、「1日のツイート数が30を超えると解除されやすい」という結論を導き出しました。

新規フォロワー数が少ない場合は、あなたのツイートインプレッションとプロフィールアクセス数が少ない証拠なので、

  • プロフィールを改善する
  • 刺さるツイートを意識する

この2点の改善を。

 2.インフルエンサーに乗っかる

これも当たり前っちゃ当たり前ですが、あなたの露出度が少ない場合があります。

フォロワー1万人以上の方のタイムラインにあなたのツイートを載せるためにも、初心を忘れずに、インフルエンサーに乗っかりましょう。

僕が先日やったことといえば、ホリエモンの本を読んで、メンションをつけて感想を送ったことでしょうか。

また、定期的にやっているのが、インフルエンサーのツイートを引用RTすることです。

イケハヤさんは高確率でRTしてくれるのでおすすめ。

フォロワー数が多いインフルエンサーに乗っかると、あなたのツイートがインフルエンサーのタイムラインに乗るので、プロフィールのアクセス数が上がってあなたをフォローしてくれる人が増えるんですよね。

まさに初心忘れるべからず。

3.同じようなことを発信していないか?

一貫したテーマ性があるのは大切ですが、毎回同じようなことをつぶやいていたら、あなたのアカウントが飽きられて、フォロワー解除数が多くなってしまいます。

やはり発信者たるもの、日々行動して、新しい知識をインプットしていくのが大切だなと。

僕は最近読書を怠っていたので、2日に1冊ペースで読書を再開しました。

やはり新しい知識を入れると、自分が知らなかったことをどんどん吸収できるので、自分の思考が1ランクアップするんですよね。

そして、本で学んだことを自分の言葉に変えてツイートする。

この1つ1つの積み重ねが、あなたのアカウントが飽きらずに運用する秘訣です。

ツイートを見返して、同じようなことをつぶやいていたのであれば、新しい知識をインプットしたり、旅行に行って知見を広げたりして、自分のレベルをどんどん上げていきましょう。

「最後にこの話かよ!」って思うかもしれませんが、情報発信者こそインプットは大切です。

インプット3割・アウトプット7割ですが、その3割の質を日々のインプットで高めていきましょう。

さいごに

1.ツイッターアナリティクス&ソーシャルドッグを使って分析を行う
2.インフルエンサーに乗っかる
3.同じようなことを発信していたらインプットの量を増やす

僕がこの2週間伸び悩んだ理由と、その解決方法をまとめました。

同じように悩んでいる方がいたら、ぜひこの記事を参考にして実践してみてください!

▼あわせて読みたい!▼

関連記事:【保存版】フォロワー1000人未満のためのツイッター運営の教科書【全部無料】

【保存版】フォロワー1000人未満のためのツイッター運営の教科書【全部無料】

2018.11.16

関連記事:ツイッターのフォロワーが1ヶ月で1300人増えたので原因を分析してみた

ツイッターのフォロワーが1ヶ月で1300人増えたので原因を分析してみた

2018.12.01

「ブログ」で月5万円の副収入を稼ごう!

誰でも簡単に始められる副業として、今大注目なのが「ブログ」。

当ブログでは、「画像70枚」を使ってWordPressでブログを始める方法を
【無料】で初心者でもわかりやすく解説しています!



ABOUTこの記事をかいた人

「シンプルな暮らし」を追求する24歳。2018年8月に、新卒で入った会社を4ヶ月で辞めてブログで独立。その後YouTubeチャンネル「無印ハヤシ」を開設し、チャンネル登録者数は半年で10,000人を突破。当ブログでは、「シンプルに、豊かに生活する秘訣」「おすすめ商品・サービスの紹介」「ブログ運営ノウハウ」を軸に発信していきます。