【大学生必読】これだけはやっておけ!大学生のうちにやっておきたいこと5選

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。

4月に大学に入学した新入生のみなさん、おめでとうございます。

そして、晴れて進級が決まった大学生のみなさんもおめでとうございます。

本記事を読んでいるあなたは、大学生活、エンジョイしていますか?

もしかして…?

適当にサークルに入って、バイトをして、毎日飲み会に明け暮れて、肝心な授業には一切出ない…。

なんてことは、してないですよね?

結論から言うと、貴重な大学生活を、「サークル」「飲み会」「アルバイト」だけに費やしてしまったら、貴重な4年間が水の泡になってしまいます。

「大学生になったんだから遊びたい!」という気持ちもわかりますが、大学4年間の過ごし方次第で、社会人になってから消耗した人生を送るか、大学生のように遊びながら暮らすことができるか、で明暗が分かれます。

本記事では、大学4年間の貴重な過ごし方について詳しく解説しています。

広告

これだけはやっておこう!大学生のうちにやっておきたいこと5選

1.コミュニティのリーダーになる

結論から言うと、大学生のうちにコミュニティーのリーダーを経験してみてください。

大学には大きく分けて3つのコミュニティに所属することができます。

  • サークル
  • 部活
  • 学生団体

例えば僕のように学生団体に所属して、リーダーとしてメンバーを引っ張っていく経験を積んでおくだけも、得られる経験はかなり変わってきますよ。

僕の場合は、インターンシップを運営する学生団体に所属し、半年間福岡支部の代表を務めました。

そこで学んだことは、「仕事の管理能力」「マネージメントの能力」「コミュニケーションを取ることの難しさ」など、コミュニティを運営する視点が全て学べるんですよね。

将来、「会社を引っ張って行くようなリーダーになりたい!」と考えている方や「独立したい!」と考えている方は、大学生が所属できるコミュニティでリーダー経験を積んでおくと、その後の人生で学んだことが役立ちますよ。

関連記事:【大学生】学生団体は怪しい?実際に所属していた僕の感想をお伝えします【経験談】

【大学生】学生団体は怪しい?実際に所属していた僕の感想をお伝えします【経験談】

2019.04.11

2.海外に行く

僕は海外に行った経験がないので、友人の例を紹介します。

海外に留学に行った友人が皆口を揃えて言うことがあるんですよね…。

その一部を紹介すると、

  • 海外の大学生は皆勉強をしている
  • 日本を価値観に疑問を抱いてしまう
  • 日本の良いところを再確認できる

こんな感じで僕らが普段「当たり前」だと思っている価値観を、海外に出ることで客観視することができるんです。

大学卒業してから長期で海外に行くのであれば、会社員という生き方を選択するならまず無理でしょう。

大学によっては、留学の補助金制度が整っていますので、海外に行く経験は絶対にやっておくべきです。

僕も海外に行かなかったのを後悔していますが、今はフリーランスとして活動しているので、好きなタイミングで、海外に行ってみようかなと計画中です。

3.長期インターンシップに参加する

21卒から、就活制度が廃止になりました。

これからは、大学1年生から就職活動が始まると言っても過言ではないでしょう。

就活シーズンになって、ドタバタで就活を始める!なんてことにならないようにやっておくべきことは、間違いなく長期インターンシップです。

長期インターンシップは、企業で3ヶ月〜1年以上、「インターンシップ生」として働く制度。

主にメガベンチャーや、スタートアップが取り入れている例が多いですね。

長期インターンシップのメリットを簡単にまとめてみました。

  • ビジネスの視点がつく
  • 仕事でお金をもらう体験ができる
  • ITベンチャーでインターンシップをすると、Webの知識をつけることができるので応用が効く

といった感じです。

正直、居酒屋のアルバイトで時間を売って消耗するよりも、企業で長期インターンシップをする方が何倍も価値があります。

また、長期インターンシップは有給のところが多いので、お金をもらいながら自分のスキルを高めることができるんです。

長期インターンシップの受け入れ先は、Wantedlyというサイトに求人が載っているので、ぜひチェックしてみてください。

実際に働いている人の話を聞いて、働くことに対する自分の価値観を広げていきましょう。

関連記事:大学生は絶対に登録するべきおすすめ就活サービス【厳選オススメ】

【20卒必見】内定ゼロの就活生が登録するべきおすすめ就活サービス【厳選オススメ】

2018.10.15

4.発信活動を行う

あなたは、普段からSNSを活用していますか?

ひょっとして、「おはよ〜」とか、「お腹すいた〜」とか、くだらない投稿ばかりしていませんか?笑

結論から言うと、大学生だからこそ、SNSでの発信活動に注力するべきです。

最近は、「インフルエンサー」と呼ばれる、個人の影響力が強い人たちが増えている世の中ですが、この世の中の流れは今後ますます加速していくばかり。

今後はますます個人の時代になっていくので、SNSを通して発信活動をおこなって、「あなた」という存在を発信しておかないと、確実に埋もれてしまいます。

また、大学生のあなただからこそ、伝えることができる内容が必ずあります。

  • 高校生に対して、「大学生活を無駄に過ごさない方法」を発信できる
  • 大学生の視点から、今の日本社会に訴えかけることができる
  • 大学生しか知らないオススメサービスを紹介できる

発信活動は良いことしかないので、この記事を読み終わってからすぐに始めてみてはいかが?

関連記事:まだ発信やってないの?大学生が「発信活動」をやるべき3つの理由を説明しよう。

まだ発信やってないの?大学生が「発信活動」をやるべき3つの理由を説明しよう。

2018.12.21

5.自分でお金を稼ぐ経験をする


大学生こそ、アルバイトで時間を消耗するよりも自分の力でお金を稼ぐ経験をやっておくべきです。

こちらのツイートでもお伝えしましたが、「商品を作りたいからメーカーに入りたい!」と考えているのであれば、実際に商品を作ってみて、ネットショップで得ることができます。

また、「執筆業に関わりたいので出版社に入りたい!」と考えているのであれば、実際にブログを立ち上げて、自分の記事を書くことだってできるんです。

でも、実際に売れるか売れないかはあなた次第です。

しかし、発信活動を行ってあなたの存在を世の中に広めないと、商品は買われることはありませんし、記事が読まれることはありません。

理想は、発信活動と、自分でお金を稼ぐ活動を両立すること。

もし、この活動が軌道に乗れば、就職せずに、フリーランスとして独立することもできますよ。

関連記事:【保存版】情報発信でお金を稼ぐ手法を全部まとめてみました【随時更新中】

【保存版】情報発信でお金を稼ぐ手法を全部まとめてみました【随時更新中】

2019.01.09

【まとめ】周りに合わせる大学生活ほどつまらないものはない

結論から言うと、周りに合わせてアルバイトやサークル、飲み会ばかりしてしまう大学生活ほどつまらないものはありません。

おそらく、本記事の内容を全て実践するのであれば、周りからは「あいつ、最近意識高くね?」と思われるでしょう。

しかし、そんな意識が低い大学生に基準を合わせてしまったら、貴重な大学生活を無駄にしてしまうばかりです。

自分のために時間を使うことができる期間が4年間もあるからこそ、自分がやりたいことに時間を使うべきです。

本記事を読み終えたあなたは、本当の「楽しい大学生活」をエンジョイしてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。