【レビュー】ワイヤレスイヤホン「Air Pods」はウォークマンとも接続できる!使ってみた感想!

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。


「毎日音楽を聴いているけど、イヤホンのコードが絡まるのが面倒…」

「ワイヤレスイヤホンを買いたいけど、どれが良いのかさっぱりわからない…」 

僕もついに、ワイヤレスイヤホン「Air Pods」に手を出してしまいました。笑

これまで音楽を持ち歩く時は、割と音質を重視していたのでハイレゾ対応のケーブル付きイヤホンを使っていましたが、

こーせい
仕事でiPhoneとMacBookよく使うし、iPhoneに変換ケーブルを挿すのが面倒!

と思うようになったので、この際にワイヤレスイヤホンに買い換えようと思い、Apple純正品の「Air Pods」を購入しました。

僕は普段からウォークマンで音楽を聴いているので、

こーせい
Air Podsはウォークマンでも使えるだろうか…?

と心配していましたが、難なく使えているので一安心。

今回は、

  • Air Podsのメリット・デメリット
  • Air Podsを1週間使ってみた感想

について、詳しく掘り下げていきますね!

広告

ワイヤレスイヤホン「Air Pods」のメリット

1.ワイヤレスなのでコードがない!コードが絡まる心配なし!

見てください!

このコードがないシンプルなデザインを!

これまでのイヤホンって、ケーブルが当たり前のように付いていたので、コードが絡まったり、コードが引っかかって断線したりと、コードに悩まされることがしょっちゅうあったんですよね…。

こーせい
僕は過去3回くらい、コードが引っかかって断線した経験があります。笑

しかし、Air Podsはコードがないので絡まる心配はありませんし、断線する心配もありません。

一見落ちそうなデザインですが、案外耳にフィットするのでジャンプしても取れませんよ。

2.直感的な操作がクセになる!

Air Podsの簡単な機能を紹介します!

  • iPhone・MacBook接続時はAir Podsを2回タップするとSiriが起動する
  • 片方のイヤホンを外すと自動的に音楽が止まり、付け直すと音楽が再生される

こんな感じで、直感的な操作が可能なんです。

コード付きのイヤホンの場合、わざわざ機械本体を操作しないとできなかったことが、機械を取り出さずにできるんですよね…。笑

煩わしい手間が省けるので、時間の節約にもなります。

3.バッテリーは24時間持続する!

Air Podsは、イヤホン本体とケースに分かれています。

充電はケースに本体を入れて、ライトニングケーブルを刺して行う形式ですが、一度充電を行うと、本体とケース両方充電できる仕組みになっています。

本体の持続充電は、体感で4〜5時間程度でした。

しかし、本体を使用しない時はケースに入れて充電できるので、実質24時間使用できるようになっています。

寝ている間に充電しておくだけで、丸1日中使用ができますよ!

また、充電の確認は、本体をケースに入れて、ケースカバーを開くとこんな感じでiPhoneの画面上に自動的に表示されます。

超便利。

4.音の遅延はほとんどない!

実際に使ってみて分かりましたが、音の遅延はほとんどありません!

以前、家電量販店で数多くのワイヤレスイヤホンを試したことがありますが、特にSONYのワイヤレスイヤホンを使用してYouTubeの動画を視聴した時は、0.5秒ほど遅延していたんですよね…。

しかし、Air Podsはほとんど遅延なしで、ストレスフリーで動画の視聴が可能です。

5.SONYのウォークマンとも接続が可能!

僕は普段からウォークマンのAシリーズ(写真は2017年モデル)を使用していますので、音楽を聴く時はウォークマンを使用しています。

  1. ケースに本体を入れて、後部のボタンを長押しする
  2. 本体の白いランプが点滅している時に、ウォークマンのBluetooth設定を開く
  3. Air Podsが表示されていたら、選択

こんな感じでペアリングが可能です。

音量調節は本体でしか行うことができませんが、ちゃんと調節できるので安心です。

ワイヤレスイヤホン「Air Pods」のデメリット

1.ハイレゾ対応イヤホンに比べると音質は下がる

これは当然ですが、ハイレゾ対応イヤホンに比べると音質は下がります。

ハイレゾ対応イヤホンの場合、再生周波数が「40kHz」以上が当たり前です。

(残念ながら、Air Podsの再生周波数は非公表でした。)

また、カナル型イヤホン(耳栓のようなタイプ)ではないので、どうしても音が漏れてしまいがちです。

それでもワイヤレスイヤホンの中では割りと音質が良い方だと感じたので、

「ワイヤレスという利便性を取るか?」

「音質を取るか?」

の2択になりそうです。

2.遮音性が低い

先ほどもお伝えしましたが、Air Podsはカナル型イヤホンではないので、どうしても音が外に漏れてしまいがちです。

しかし、密室空間ではない場合、音量を上げさえすれば高音から低音までしっかり響きますので、そこまで音質にはこだわりはないけど、綺麗な音で音楽を聴きたいって方にはおすすめです。

1週間「Air Pods」を使ってみた感想!

結論から言うと…?

こーせい
良い買い物をしました!!

値段は18,000円弱と、安価なイヤホンではありませんでしたが、日頃からApple製品を愛用している僕にとっては、ペアリングが手軽に行えて、Siriも簡単に起動できるので生活がガラリと変わりました。


Apple製品を日頃から愛用している人はまじで買って損しないですよ。

最後に、Air Podsをおすすめする人と、おすすめしない人についてまとめておきます。

Air Podsをおすすめする人
  • 普段からApple製品を愛用している
  • 音質よりも、持ち運びや使いやすさを重視している
  • スタイリッシュなイヤホンが欲しい
Air Podsをおすすめしない人
  • Apple製品はそこまで持っていない
  • とにかく音質を重視したい
  • ハイレゾ対応音源を持ち歩きたい

僕は買って良かったです!

「Air Podsをおすすめする人」に1つでも当てはまったら、購入を検討してみてはいかが?

▼あわせて読みたい!▼ 

関連記事:【厳選】ノマドフリーランスが普段使用しているガジェット・持ち物を紹介します!

【厳選】ノマドフリーランスが普段使用しているガジェット・持ち物を紹介します!

2019.01.14

▼スポンサーのキンピカ様!▼



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。