【3分でわかる】ブロガーの確定申告はクラウド会計ソフト「freee」を利用するべき 3つの理由

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。

先日、このようなツイートをしてみました。

 

フリーランスブロガーのみんなが毎年春になると頭を悩ませるのが…そう、「確定申告」ですよね…。

僕自身、2018年度の確定申告が初めての経験で、「確定申告って超難しそうだな…」って思っていましたが、クラウド会計ソフトのfreeeを利用することで簡単に終わらせることができました。

本記事では、クラウド会計ソフトfreeeを使うと確定申告が楽々になる3つの理由について、詳しく解説していきます!

▼無料で利用してみる!▼



クラウド会計ソフト「freee」ってどんな会計ソフト?

フリーランス向けのクラウド会計ソフトと言えば、

  • マネーフォワード
  • 弥生のクラウド会計ソフト
  • クラウド会計ソフトfeee

といったものが有名ですが、僕はクラウド会計ソフトのfreeeを選びました。

その理由を簡単にまとめると、

 

  • 30日間無料で利用ができる(確定申告時期だけ登録すれば無料利用が可能)
  • 確定申告プランは月額980円で利用ができる(他社のサービスでは1,000円超えるものも)
  • 銀行口座やクレジットカードの明細と同期ができる

 

というメリットに惹かれました。

 

こーせい
普段からキャッシュレス生活を送っているのであれば、銀行口座とクレジットカードを同期して、経費にするものをポチっと選択するだけでOKです!

 

確定申告と聞くと、「レシートを整理しなきゃ…!」と思いがちですが、普段からクレジットカードやデビットカードを利用しておけば、freeeと同期をして、売上と経費の勘定科目を選択するだけで確定申告をサクッと終わらせることができます。

現金で支払った経費も、freeeに金額と勘定科目を打ち込めば反映されるので、面倒な手間をかけずに確定申告を終わらせたい方は、freeeの導入は必須でしょう。

▼無料で利用してみる!▼



クラウド会計ソフト「freee」を導入するべき3つの理由

1.銀行口座とクレジットカードの明細を同期できる!

クラウド会計ソフトは、自分が持っている銀行口座とクレジットカードの明細を同期することができます。

僕が同期している金融機関はこちら!

 

  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 楽天カード
  • 三井住友VISAカード

 

こーせい
普段から利用している銀行口座とクレジットカードを同期すると、1年間の入金・出金の明細を一括同期することができますよ!

 

手書きで確定申告を行なっている方は少ないと思いますが、クラウド会計ソフトのfreeeを導入すると、1年間の入金・出金の管理が一括でできるので、通帳を確認したり、電卓で計算をする手間が省けます。

 

また、普段からキャッシュレス決済にしておくと、経費にする分の領収書・レシートの金額を入力する手間も省けますよ。

同期ができる銀行口座・クレジットカードの一部はこんな感じ。

 

 

同期に対応している銀行口座・クレジットカードはこちらから確認してみてください!

関連HP:freeeで同期できる銀行口座・クレジットカード一覧

 

同期が完了すると、こちらの一覧画面で入金・出金を一括管理することができます。

 

 

こーせい
事前に同期しておけば、面倒な計算の手間が省けます!

 

2.「freee」が自動的に勘定科目を出してくれる

こーせい
この経費ってどの勘定科目になるんだ…?

 

っていう、経費の知識はほとんどない方でも、クラウド会計ソフトfreeeが勘定科目を自動的に出してくれます。

 

その画面がこちら!

 

 

こちらはスターバックスカードをクレジットカード経由でチャージした分ですが、僕は普段からカフェで仕事をしているので「会議費」に充てています。

経費にできるものはなるべく経費にして、節税対策を行なっていきたいので、「あれ、これって経費にできるの?」っていうものがあれば、勘定科目をチェックしてみると良いでしょう。

 

また、最低限の勘定科目の知識は持っておくべきだと考えているので、「何もわからない!」って方はこちらの本がおすすめです。

 

3.有料プランに移行すれば、確定申告時期にドタバタせずに済む!

クラウド会計ソフトfreeeは30日間無料で利用ができるので、確定申告時期だけ無料で利用して、書類は手書きで作成するか、税務署のホームページ(ネット申告)から入力することもできます。

 

しかし、有料プランに移行すれば、月々の会計管理ができるようになるので、確定申告時期に慌てずに済むんですよね。

 

有料プランに移行すると、

 

  • 銀行口座・クレジットカードのデータが残る(無料プランのデータ保存は最大1ヶ月間のみ)
  • 確定申告の書類を作成することができる(無料プランは手書き or 税務署のHPから申請)

 

といった感じで、確定申告時期以外でも、会計管理をスムーズに行うことができます。

 

こーせい
確定申告時期にドタバタしたくない!って方であれば、月額980円〜の有料プランへの移行をおすすめします!

 

関連HP:freeeの有料プランの詳細

▼無料で利用してみる!▼



質問したいことがあれば、チャットで悩みを解決できる!満足度94.1%のサポート体制!

「freeeを使って確定申告を行いたいけど、やり方がわからない…!」といった悩みを抱えている場合は、freeeの有料プランに契約しておくと、専用のチャットで気軽に質問することができます。

チャット対応時間は平日の10時〜12時・13時〜18時と期間が設けられていますが、対応時間内であれば素早く対応してくれますよ。

 

また、チャット以外にもメール・電話(一部プランのみ)・ヘルプページで質問を送ることも可能です。

 

さらに、質問を送る際はサポートスタッフと会計管理画面を共有することができるので、リアルタイムで的確なサポートえを受けることができるのは、freeeの有料プランの魅力でしょう!

freeeの有料プランのサポートは総合満足度94.1%(2016年8月)なので、試す価値は大いにあります。

▼無料で利用してみる!▼



会計ソフト「freee」を導入して、確定申告をサクッと終わらせよう!

「確定申告」という言葉を聞いた時は「レシートの管理が面倒だなぁ…。」と思っていましたが、日頃から経費にしたいものをキャッシュレスで支払っておいて、クラウド会計ソフトに同期しておけば、確定申告時期に慌てることはありません。

クラウド会計ソフトfreeeを導入すれば、銀行口座とクレジットカードの同期で自動的にデータを生成してくれるので、確定申告時期になったら、確定申告用の書類フォーマットにデータを出力するだけでOKです。

毎年春に慌てないようにするためにも、この機会にクラウド会計ソフトfreeeに無料登録して、確定申告をスムーズに終わらせましょう!

▼無料で利用してみる!▼



▼ブロガーの開業届はこちらの記事をチェック▼

関連記事:専業ブロガーは開業届を出そう!出さないと年間65万円損をします!

専業ブロガーは開業届を出そう!出さないと年間65万円損をします!

2018.11.29

「ブログ」で月5万円の副収入を稼ごう!

誰でも簡単に始められる副業として、今大注目なのが「ブログ」。

当ブログでは、「画像70枚」を使ってWordPressでブログを始める方法を
【無料】で初心者でもわかりやすく解説しています!



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。