新卒会社員だったけど、残業をせずにサクッと定時で帰っていた話

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。


僕は4ヶ月という短い期間ですが、新卒会社員として働いていた経験があります。

しかし、僕が入った会社は、ほとんどの人が定時で帰ろうとせず、ダラダラと残って仕事をする…という悪循環。

そんな環境でも、僕は定時で帰りたい時は「定時で帰ります!」とサクッと切り上げていたんですよね。

広告

残業をしてまで仕事を頑張ることが「美徳」なのか?

僕が先ほどのツイートをした時、ブログ仲間のしんいちろうさんからこのような返事が来ました。


営業のメンバーが帰ってくる22:00まで他の社員も残らないといけないなんて…生産性どころか、時間の浪費ですよね…。

また、僕が以前働いていた会社では、ふざけ半分だとは思いますが、「まだ先輩が働いているのに、もう帰るの?」なんて言われることはしょっちゅう。

そして、生産性のないミーティングを深夜23:00までやっている…なんてことが頻繁にあったんですよね。

もちろん、そのような会社を選んでしまった僕にも責任があるので、僕は定時に帰るようになってからは、このブログを立ち上げて、コツコツと記事を書きながら会社を辞める日までずっと定時帰宅を貫いていました。

最近では「ノー残業デー」とか、「プレミアムフライデー」といった施策を国が行なっていますが、いまいち効果があるとは思えないんですよね。

それは、日本人の考えの根底の中に、「残業をしてまで仕事を頑張るのが美徳だ!」という昭和的価値観が刷り込まれているから。

確かに高度経済成長期は、戦後の復興を国民全員で行なって、「豊かな生活」を目指していました。

しかし、現代では物が溢れかえって、「物があるだけでは幸せになれない!自分の価値観を大切にして生きるのが一番!」という、自分の本音に従って生きることが幸せだという価値観になりつつあります。

そういう時代だからこそ、現代では残業をダラダラする働き方ではなく、定時で仕事を切り上げて、残った時間は自分がやりたいことに注力する時間に当てた方が自分の生産性も上がります。

世間は「残業」=「生産性が低い」という考えに変わりつつある


世間は良い流れに進んでいるようです。

2019年春から始まる、「わたし、定時で帰ります」というドラマは、ある意味世間に対して「残業は生産性が低い現れだよ!」っていうことを広めてくれるのかもしれません。

しかし…こういうドラマが地上波で流れるって良い時代になりましたよね…20〜30年前であれば、「残業をしないなんて何事だ!」という批判が相次いでいたかもしれませんし。

この記事を書いている日にドラマがスタートするので、毎週見るのが楽しみになりそう。

新卒会社員でも、「複業」というキャリアを選んで周りと差をつけよう

僕が応援している新卒会社員のなぎちゃんですが、新卒会社員ながらも「複業」というキャリアを選択して、周りと差をつけようと奮闘中です。

僕自身、去年の今頃(新卒会社員時代)も「複業をして周りと差をつけよう…!」と意気込んでアフィリエイトでも始めようかと思っていましたが、正直会社の仕事が忙しくなりすぎて全くできなかったんですよね…。

しかし、会社の仕事は会社の仕事、自分の仕事は自分の仕事、と割り切って仕事をしていけば、両立することはできますし、後はマインドの問題かな?と思っています。

新卒会社員でも、会社の給料に依存してしまうクセがついてしまうと、その後が大変になります…会社がなくなったとしても、食っていけるくらいのお金を稼ぐためにも、これからの時代複業は必須です。

【まとめ】残業するくらいなら、定時で切り上げて自分の時間を確保しよう

残業をするくらいなら、サクッと定時で切り上げて自分の時間を大切にしましょう。

もちろん、会社の仕事の中で直近で仕上げないといけないことがある場合は残業をしないといけませんが、「先輩が残っているから…」みたいな理由で残業をすることは、自分の時間を浪費してしまうだけなんですよね。

また、これからの時代は会社の収入源に頼らずに、自分の力でお金を稼いでいくことが必須になっていくので、自分の力でお金を稼ぐためにも、まずは自由に使える時間を確保しましょう。

今いる会社ではどうしても定時で帰ることができない…!と悩んでいるのであれば、定時で帰ることができる企業への転職も検討してみましょう。

▼あわせて読みたい!▼

関連記事:ブラック企業とはおさらば!第二新卒でも安心して利用できるオススメ転職サイト!

ブラック企業とはおさらば!第二新卒でも安心して利用できるオススメ転職サイト!

2018.10.12

関連記事:【即日退職】退職代行サービスおすすめ5社を徹底分析してみました!【厳選おすすめ】

【即日退職】退職代行サービスおすすめ5社を徹底分析してみました!【厳選おすすめ】

2019.03.06

▼スポンサーのキンピカ様!▼



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。