【福岡】雨傘のシェアリングサービス「アイカサ」の利用方法は?気になる料金も徹底解説!

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。


2019年5月21日より、福岡市では雨傘のシェアリングサービスアイカサが利用できるようになりました!

これまで東京都内の渋谷近辺のみの展開でしたが、地方都市への進出はなんと今回が初。

アイカサがあれば、「急に雨が降ってきて、コンビニでビニール傘を買わないといけない…!」なんていう無駄な出費を抑えることができますし、環境破壊の防止にも繋がるので、近年注目を浴びているんですよね。

本記事では、福岡でサービスが始まったアイカサの設置場所や利用方法、そして気になる料金まで徹底解説していきます!

▼「アイカサ」で傘を借りてみる!▼

広告

雨傘のシェアリングサービス「アイカサ」とは?

 

アイカサは、東京都内、そして福岡市に展開している、雨傘のシェアリングサービスになります。

利用方法はとっても簡単で、アイカサの公式LINEを追加して、近くの傘シェアスポットを探してレンタルするだけ。

「今日は雨が降りそうだけど、まだ降ってないよなあ…」といった時や、「急に雨が降ってきたけど、ビニール傘を購入するのはもったいない!」と思っている方にとっては格好のサービスになります!

▼「アイカサ」で傘を借りてみる!▼

「アイカサ」の利用方法の手順を徹底解説!

1.「アイカサ」の公式LINEを追加する

アイカサの公式ホームページに公式LINEを追加する項目があるので、まずは公式LINEを追加しましょう。

登録ができたら、「アイカサを利用する」の項目をタッチしましょう。

  • LINEとの提携認証
  • 支払い方法の選択

を入力したら、アイカサが利用できるようになりますよ。

こーせい
ちなみに、支払い方法を「LINE Pay」にすると、当分の間は1日1円でアイカサをレンタルすることができます!(クレジット決済の場合は1日70円

 

2.近くの「アイカサ」スポットを探す

登録が完了できたら、近くのアイカサのスポットを探しましょう。

こちらの画面の「スポットを検索する」をタッチして、

 

傘が設置してある近くのスポットに向かいましょう。

 

3.「アイカサ」のスポットに到着したら、早速傘を借りてみる!

近くのスポットに到着したら、早速傘を借りてみましょう!

ちなみにスポットはこんな感じ。

 

傘を手に取ったら、「傘を借りる/探す」をタッチして、傘に付いているQRコードを読み取ります。

QRコードを読み取ったら、傘のパスワードが表示されるので、そのパスワードをダイヤルロックに合わせると解錠する仕組みになっています。

 

QRコードとダイヤルロックは傘の取っ手部分に付いています。

 

4.返却は近くの傘スポットに持っていくだけでOK!

傘を返却する場合は、借りたスポット以外の傘スポットへの返却もOKです。

傘を返す場合は、傘を借りた時同様に、「傘を借りる/探す」をタッチして、

 

傘スポットにある「返却用QRコード」を読み取るだけでOKです。

▼「アイカサ」で傘を借りてみる!▼

「アイカサ」の気になる料金は?

気になるアイカサの料金ですが、24時間・70円でレンタルすることができます。

ちなみに、今なら支払い方法をLINE Payにすると…なんと24時間・1円でレンタルすることが可能です!

こーせい
1円とかほぼ無料やん…これはLINE Payも一緒に登録しないと損ですね…!

また、1ヶ月間長期でレンタルする場合は、420円になるので、1ヶ月で6回以上利用する場合は、420円から金額が上がることはありません。

 

「アイカサ」の傘スポットはどこにあるの?

2019年5月21日より始まった福岡のアイカサですが、2019年5月現在では天神・博多を中心に設置されています。

設置場所の詳細はこちら。

  • 地下鉄天神駅
  • 福岡市役所
  • 福岡市中央区役所
  • LINE Fukuoka
  • 西鉄福岡(天神)駅
  • ソラリアステージ
  • ソラリアプラザ
  • 天神コア
  • 西鉄イン福岡
  • 西日本シティ銀行本店営業部
  • 西日本シティ銀行福岡支店
  • 西日本シティ銀行大名支店
  • キャナルシティ博多
  • 博多センタービル
  • クラスけやき通り
  • 天神イムズ
  • イオンショッパーズ福岡店
  • 福岡パルコ
  • ノース天神
  • 博多大丸
  • 西日本新聞会館
  • エルガーラホール
  • エルガーラビル
  • 西南学院大学

主に天神・博多をはじめ、一部中洲や西南学院大学への設置もありますよ。

 

【最後に】福岡はシェアリングエコノミー最先端の地方都市です

結論から言うと、福岡はシェアリングエコノミーの最先端の地方都市と言っても過言ではないでしょう。

今回紹介したアイカサの他にも、フリマアプリ・メルカリが運営している自転車のシェアリングサービス「メルチャリ」も、福岡で展開しています。

もう…福岡に住んでいたら傘も要らないし、自転車も要らないですからね…。笑

シェアリングエコノミーの最先端を実感したい方は、ぜひ福岡に足を運んで、実際に体験してみてください!

▼「アイカサ」で傘を借りてみる!▼

▼あわせて読みたい!▼

関連記事:福岡のシェアサイクル「メルチャリ」の使い方とメリット&デメリットを徹底解説

福岡のシェアサイクル「メルチャリ」の使い方とメリット&デメリットを徹底解説

2019.04.29

「ブログ」で月5万円の副収入を稼ごう!

誰でも簡単に始められる副業として、今大注目なのが「ブログ」。

当ブログでは、「画像70枚」を使ってWordPressでブログを始める方法を
【無料】で初心者でもわかりやすく解説しています!



ABOUTこの記事をかいた人

「シンプルな暮らし」を追求する24歳。2018年8月に、新卒で入った会社を4ヶ月で辞めてブログで独立。その後YouTubeチャンネル「無印ハヤシ」を開設し、チャンネル登録者数は半年で10,000人を突破。当ブログでは、「シンプルに、豊かに生活する秘訣」「おすすめ商品・サービスの紹介」「ブログ運営ノウハウ」を軸に発信していきます。