【錯覚の法則】成功したいなら、脳をだまし倒すことが大事。その理由を説明しよう。

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。

あなたは、この話を信じますか?

脳が「正しい」と思っていることのほとんどの99%は錯覚です。

引用:「錯覚の法則-成功者は脳をあっさりその気にさせる-」

 

世の中を見渡してみると、こんな人たちで溢れかえっていませんか?

「あの人は天才だから成功したんだ!僕にできるわけがない!」

「親から”あなたには取り柄がないんだから、下手なことはしないで!”と言われた」

実はこれ、全てあなたの思い込みです。

この記事をよんでいるあなたは、「成功したい!」と思ってこの記事を読んでいるはず。

成功したいのであれば、これから伝えることを全て自分の頭の中に入れてください。

世の中で成功しない人の大半は、「自分にはできない!」と脳がマイナスに捉えているのに対し、

世の中で成功している人の多くは、「自分はなんでもできる!」と脳がポジティブに捉えているんです。

つまり、成功したいのであれば、「自分はなんでもできる!」と脳を”錯覚”させることがとても大切なんです。

今回は、「錯覚の法則」という本から、成功者はいつも脳をだましながら生きている理由をお伝えします。

こんな人にオススメ!

・成功したい!と思っている人!

・「私には何もできない!」と思い込んでしまっている人!

広告

成功したいなら、まずは脳をだますことから始めよう

今回読んだ本はこちら。

こちらの本を元にいくつかピックアップ。

「なぜ成功者は脳を脳をだますことで成功しているのか?」について詳しく説明します。

この本を読みたいけどなかなか時間を確保できない!って方は、「Amazon Audible」を使って耳から本を聴きましょう!

「錯覚の法則」もラインナップにあるので、通学・通勤の合間や運転中でも気軽に本の内容を楽しむことができます。

▼詳細はこちら!▼

関連記事:【無料で登録】本を読む時間がない?Amazon Audibleを使って耳で本を聴こう!

【初月無料!】耳から本を「聴く」!?Amazon Audibleが超オススメ!

2018.10.19

1.脳は「現実」と「イメージ」の区別がつかない

あなたは、自分が成功するイメージを具体的に思い浮かぶことができますか?

「1年後は月収100万円を目指したい!」

「3年後は社長になってまずは年商1億を目指したい!」

おそらく、独立したい人や、起業したい人は、誰もがこういうイメージを思い浮かべるんですよね。

でも月日が経つと、自分と周りのギャップに押されてしまったり、周りから「お前には無理だ!」って言われたり…

こういったことを繰り返すうちに、

「月収100万円とか無理だ!」「社長になるなんて無理だ!」って思ってしまうんです。

先ほども伝えましたが、脳は「錯覚」をするもの。

もし、あなたが成功したいのであれば、そんな周りの意見に流されずに、「私にはできる!」と思い込むことが大切なんです。

実は、脳は「現実」と「イメージ」の区別がつかないもの。

本当に成功したいのであれば、「私にはできる!」という根拠のない自信を持つことが大切です。

これを専門用語で言うと、「想像による条件付き記憶」と言います。

つまり、実際には100万円も手にしていないし、社長になってもいないのに、達成した自分を想像するだけで、「すでに達成した気分」になってしまうんです。

こんな感じで、「達成した気分になる」ことで、自然と自信が湧き、目標に向かって行動を起こすことができるんです。

「根拠のない自信」は、成功するためには必要不可欠な自信になるんです。

2.「運が良い!」と思い込むことが成功のカギ

運が良い人は、日頃から「自分は運が良い人だ!」って思っている人ばかり。

「ただの思い込みじゃないか!」

って思う人もいるかと思いまずが、じつはこの「思い込み」が大切なんです。

例えば、些細なことでもラッキーな経験をしたとします。

「自分は運が良い!」って思っている人は、「今日も良いことあった!次も良いことがありそうだ!」とポジティブに捉えます。

一方で「自分は運が悪い…」って思っている人は、「今回たまたま良かっただけだよな〜普段ではありえない!」とネガティブに捉えるんです。

ここで大切なのは、日頃から「自分は運が良い!」って思わないと、あらゆるチャンスを全て無駄にしてしまうんです。

運が良いと思っている人は、苦しいことがあっても、自分の信念に従って行動している人がものすごく多い。

ただ「運が良い」だけではなく、「運が良い」と思っているからこそ、それを原動力にして、実際に行動しているから結果が出るんです。

つまり、成功したいのであれば、まずは「自分は運が良い!」と思い込むことが大切

そうすると、脳が自然と錯覚を起こして、その錯覚を行動のエネルギーに変えてくれます。

3.「運」を高めるには、朝に「ある行動」をするだけでOK

運を高めるためには、1日のスタートである「朝」が重要ポイント。

例えば、あなたが朝10時に起きたとします。

普通僕だったら、

「うわ…10時に起きてしまったわ…絶望…」

おそらく、誰もがそう思うのではないでしょうか?笑


メンタリストDaiGo<Mentalist_DaiGo>も言っていますが、 せっかくの1日のスタートを「ネガティブ」に捉えてしまうと、実は1日の生産性がものすごく悪くなってしまうんです。

もし、朝10時に起きたとしても、このように捉えることで、1日の生産性がグッとアップしますよ。

「10時に起きた!ぐっすり眠れたから今日も1日頑張ろう!」

同じ出来事でも、ポジティブに捉えることで、1日の生産性はガラっと変わってしまうんです。

結局、なんでもポジティブに捉えた人間が、「運」を手にすることができるんですよね。

成功者も、脳をだますことで成功を手にしてきた

ソフトバンクの孫正義さんは、名言を残しています。

最初にあったのは、夢と、そして根拠のない自信だけ。そこから全てが始まった。

引用:「錯覚の法則-成功者は脳をあっさりその気にさせる-」

今や日本をリードするトップでも、最初は「夢」と「根拠のない自信」を持っていたからこそ、今のような成功をおさめているんです。

僕自身、もともと根拠のない自信でこれまで頑張れてきた身なので、この言葉は痛いほどわかります。

実際、3ヶ月前に独立した直後は、

  • 年内フォロワー1000人
  • 年内にブログ+αで月5万円

こんな目標を掲げていたんですよね。

しかし、「根拠のない自信」のおかげで、この目標は9月にサクッと達成することができました。

今では、

  • 年内フォロワー5000人
  • ブログ+αで月20万円

と、かなり目標をあげていますが、正直「イケる」と思っています。

根拠のない自信の塊なので。笑

こんな感じで、根拠のない自信は、脳を錯覚させ、あたかも達成できたかのような気分になってしまう。

そして、その錯覚が行動力に繋がって、実際に達成してしまう。

成功の秘訣は、脳をだますこと。

おわかりいただけたでしょうか?笑



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。