即日退職は違法?合法?今すぐ会社を辞めることができる方法を徹底解説します!

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。

  • 今すぐ会社を辞めたいけど、法律に引っかかるか心配…!
  • 明日から会社に行きたくないけど、バックれずに辞める方法を知りたい…!

本記事を読んでいるあなたは、こんな悩みを抱えているはずです。

結論から言うと、即日退職は違法行為ではありません!

こーせい
僕自身、即日退職をした身ですが、その後会社から訴えられることはありませんでしたし、失業等の書類も自宅に届きました!

関連記事:即日退職をするならこのやり方!内容証明郵便を使って退職届を出した話。

本記事では、

  • バックレ行為をせずに即日退職を行う方法
  • 退職代行サービスを利用して会社を辞める方法

以上2点について、詳しく解説していきます!

本記事で紹介する退職代行サービスはこちら!

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

広告

即日退職は違法行為ではなかった!合法になる4つの理由とは?

結論から言うと、即日退職は違法行為ではありません!

こーせい
ただし、会社に何も連絡をせずに退職する「バックレ行為」は損害賠償請求等を課される可能性があるので、これから説明する方法で即日退職を行いましょう!

1.法律上、退職日の2週間前の申告で会社を辞めることができる

民法第627条によると、

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法第627条

とあるように、会社を辞める際は、退職日の2週間前までに申告しておけば、いつでも退職が可能となっています。

こーせい
「2週間前の申告なら、即日退職ではないよね?」と思っている方も多いと思いますが、ここで「とある方法」を利用するんです。

2週間前の申告であれば退職が可能ってことは、必然的に2週間は会社に行かなければいけない、と思われがちですが、この期間を会社に行かなくて済む方法が1つだけあるんです。

こーせい
有給休暇を取得して、退職までの2週間を有給休暇に宛てましょう!

「有給休暇は上司に許可を取らないと取得することができない!」と思っていませんか?

実は、有給休暇は労働基準法で労働者に認められた権利になるので、会社側は有給休暇の申告を拒否することができないんですよね。

労働基準法第39条によると、

使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

引用:労働基準法第39条

とあるので、6ヶ月以上勤務しており、かつ8割以上出社をしている場合は、誰でも有給休暇の取得が可能です。

話をまとめると、

  • 退職日の2週間前に申告しておけば、自動的に退職が可能!
  • 2週間の期間を有給休暇に宛てておけば、実質「即日退職」が可能!

という感じです。

退職を伝える際には、電話・LINE・メールという方法がありますが、内容証明郵便を使ったやり方がもっとも効果的です。

詳しくはこちらの記事で紹介しています!

関連記事:【即日退職は可能?】今すぐ会社を辞めることはできます!合法的な3つの方法を紹介!

【即日退職は可能?】今すぐ会社を辞めることはできます!合法的な3つの方法を紹介!

2019.02.18

2.就業規則や労働契約よりも、法律が重視される

会社によっては、「退職は1〜3ヶ月前の申告を…」という就業規則や労働契約が決まっているところもあると思いますが、就業規則や労働契約は法律ではないので、法律の方が重視されます。

つまり、「退職日の2週間前の申告」で、いつでも会社を辞めることができますよ。

3.労働契約と全く異なる仕事をさせられている場合はいつでも契約解除が可能

結論から言うと、労働契約で結んだ仕事内容・賃金・就業時間とは全く異なる働き方をさせられている場合は、いつでも労働の契約解除が可能です。

つまり、2週間という期間を待たずに即日退職が可能なんですよね。

労働基準法第15条によると、

  1. 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。
  2. 前項の規定によって明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。
  3. 前項の場合、就業のために住居を変更した労働者が、契約解除の日から十四日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。

引用:労働基準法第15条

とあるように、労働契約と全く異なる働き方をしていた場合は、いつでも労働契約を解除することができます。

こーせい
僕の場合はこのパターンで即日退職を決行したので、退職届には「労働基準法第15条第2項の規定に基づき、本日をもって退職します」と記載をして内容証明郵便を利用しました!

今あなたが働いている環境や仕事内容が、労働契約と全く異なっている場合は即日退職を申し出ることが可能なので、内容証明郵便を利用して退職届を送っても大丈夫です。

関連記事:即日退職をするならこのやり方!内容証明郵便を使って退職届を出した話。

即日退職をするならこのやり方!内容証明郵便を使って退職届を出した話。

2018.09.08

4.退職代行サービスを利用すればいつでも会社を辞めることができます

  • 即日退職したいけど、自分から会社に連絡したくない…!
  • 今働かされている環境が労働条件から外れているかわからない…!

っていう方は、退職代行サービスにお願いをしてみる方法があります。

こーせい
退職代行サービスとは、その名の通りあなたの退職を代行してくれるサービスになります!

「退職代行サービスを利用すると、会社から訴えられるんじゃないか?」と心配している方もいらっしゃると思いますが、心配は不要です。

労働基準法第16条によると、

使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

引用:労働基準法第16条

とあるように、そもそも労働契約に違約金や損害賠償を定めること自体が違法行為になるんですよね。

また、本記事で紹介している退職代行サービスSARABAによると、これまで退職代行サービスを利用した方の中で、会社に訴えられたことは一度もないそうです。

会社側も、従業員が1名辞めたくらいで、負けるかもしれない裁判をやろうという気は全くないので、安心して退職代行サービスを利用してくださいね!

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

おすすめの退職代行サービス2社を紹介します!

1.今すぐ会社を辞めるなら「SARABA」に決まり!

退職代行サービスSARABAは、退職の連絡からその後の事務手続きまで全て代行してくれます!

他社の退職代行サービスでは、諸々オプション費用を含めて4〜50,000円が相場になりますが、SARABAを利用すると、オプション費用一切無しの29,800円で利用することができるんです。

こーせい
安いからといってサービスの質が低い!ってことはありません!担当者が退職後の手続きまで丁寧にやってくれます!
  • 24時間電話対応が可能!
  • SARABA」を利用すると、オプション費用なしで29,800円!
  • 万が一の場合は全額保証付き!

他社の退職代行サービスよりも安価で、サポート体制も万全なので、内容証明郵便を利用するやり方が不安であれば退職代行サービスSARABAを利用しましょう!

関連記事:【即日退職】今すぐ会社を辞めたい人は退職代行「SARABA」を利用するべき3つの理由

【即日退職】今すぐ会社を辞めたい人は退職代行「SARABA」を利用するべき3つの理由

2019.02.07

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

2.弁護士に相談したいことがあれば「汐留パートナーズ法律事務所」!

 

こーせい
労働条件と異なる働き方をさせられている場合は、弁護士に相談できる退職代行サービスの利用をおすすめします!
  • 残業代が支払われていない可能性がある…。
  • 有給休暇の消化について相談がある…。
  • 保険関係について相談がある…。

といった問題を抱えているのであれば、汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービスを利用しましょう。

  • 54,000円で、会社と揉めている部分を弁護士に代行して退職できる!
  • 万が一損害賠償請求を求められた時に弁護士が交渉してくれる!
  • 正社員・契約社員・アルバイトといったあらゆる雇用形態に対応している!

法律で争う部分があれば、弁護士に任せるのが得策です。

汐留パートナーズ法律事務所を使えば、退職代行&その後の会社との交渉を全て任せることができますよ!

関連記事:【即日退職】「汐留パートナーズ法律事務所」の退職代行サービスのメリット&デメリットを徹底解説!

【即日退職】「汐留パートナーズ法律事務所」の退職代行サービスのメリット&デメリットを徹底解説!

2019.02.23

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

即日退職は合法です!今の会社をすぐに辞めて次のステップに踏み出そう!

この記事を読んでいるあなたは、「今すぐ会社を辞めて次のステップを踏み出したい!」とうずうずしているはずです。

人生は1度きりだからこそ、うずうずしている時間が一番もったいないですよね。

今いる会社がしんどくて、今すぐ逃げ出したいのであれば、逃げ出しても大丈夫。

こーせい
僕自身、会社を辞めた後はフリーランスとして楽しい毎日を過ごしています!

もちろん、万人に僕のような働き方が合うとは限らないので、会社を辞める前にはいくつかの転職サービスに登録するなど、次のステップを踏み出す準備をしておきましょう!

▼おすすめの転職サービスはこちら!▼

関連記事:ブラック企業とはおさらば!第二新卒でも安心して利用できるオススメ転職サイト!

ブラック企業とはおさらば!第二新卒でも安心して利用できるオススメ転職サイト!

2018.10.12

本記事で紹介している退職代行サービスはこちら!

▼今すぐ会社を辞めたい!▼



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。