即日退職をするならこのやり方!内容証明郵便を使って退職届を出した話。

即日退職をするならこのやり方!内容証明郵便を使って退職届を出した話。

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。

本記事を読んでいるあなたは、こういった悩みを抱えていませんか?

  • 正直明日から会社に行きたくない!今すぐ会社を辞めたい…!
  • 上司からのパワハラが酷くて、もう会社に行きたくない…!

それもそのはず、本記事を執筆している僕自身、2018年の夏に「明日から会社に行きたくない!」と思い、「とある方法」を使って即日退職を決行しました。

 

こーせい
会社をブッチして辞めたわけではありませんよ!きちんと退職届を送っています!

 

詳しくは後ほど触れますが、結論から言うと、「内容証明郵便」を使って退職届を送ることで即日退職が可能なんです。

そこで本記事では、「明日から会社に行きたくない…!」って思っている方のために、

  • 僕が会社を辞める際に使った「とある」方法
  • 会社を辞めてからやるべきこと
  • 極力リスクを抑えたい方は退職代行サービスがおすすめ

以上3点について、詳しく解説していきます。

内容証明郵便を利用した退職に抵抗がある方は「退職代行サービス」がおすすめ!

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

即日退職をするなら「内容証明郵便」を利用しよう!


即日退職をする方法って、実はものすごく簡単なんですよね。

内容証明郵便を使って「退職届」を提出するだけでOKです!

※内容証明郵便とは?…届ける書類を証明する方法。例えば、会社側から「退職届なんか受け取ってない!」と言われても、郵便局側でもう1通の退職届と、その書類を届けた証拠を残しているので、確実に郵便物の内容を通知することができる。

それで、このやり方って他のブログにも書いてある方法ですが、そのほとんどが、

  • 退職の日付は「退職届」が会社に届いてから「2週間後」に設定する
  • その「2週間」の期間は、「有給休暇」を消化することを記載しておく

って書いてあるんです。

そして僕はこの悩みにぶち当たりました。

 

こーせい
新卒だからまだ有給休暇取れないんだけど..どうすればいいんだ?

 

新卒でこのやり方を使う場合は、「あること」を確認しましょう。それだけでOKです。

入社して1年未満の場合「労働基準法第15条第2項」に違反している場合は即日退職が可能!

労働基準法第15条の内容を知っていますか?

  1. 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。
  2. 前項の規定によって明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。
  3. 前項の場合、就業のために住居を変更した労働者が、契約解除の日から十四日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。

簡単に説明すると、

第1項は、「労働条件」はきちんと明示しましょうね!という内容。

第2項は、「労働条件」と異なる条件で働いていた場合は、「即日退職」が可能!という内容。

つまり、

  • 雇用契約を結んだ時とは全く違う仕事をさせられている場合
  • サービス残業が続いている場合
  • 雇用契約とは異なる賃金を支払われている場合

「労働条件」とはことなる契約で仕事をしている場合は、入社1年未満であれば「即日退職」を申し出ることが可能です!

僕の場合は、雇用契約を結んだ時とは全く違う仕事内容とサービス残業が当てはまったので、

退職届には、「労働基準法第15条第2項の規定に基づき、○月○日をもって退職します。」と記載した退職届を内容証明郵便で送りました。

入社2年目以降の場合は有給を消化しよう

入社2年目以降の場合は、以下の方法で退職届を書いて、内容証明郵便を使って会社に送りましょう。

  1. 退職日は、「退職日が会社に届いてから2週間後」の日付を記載する
  2. 2週間は全て有給を消化する旨を記載する

これだけでOKです。

「有給使うの許してくれない会社なんだけど…」っていう方でも大丈夫です。

そもそも「有給」とは労働者全員に与えられた権利になるので、使うのを許してくれないってことがそもそもおかしいんですよね。

今回の場合は内容証明郵便も使って退職届を送るので、遠慮せず2週間分の有給を消化しましょう。

日本の法律では、

  • 「有給」は「労働者全員」に与えられた権利である(労働基準法第39条)
  • 「労働者」は、退職の意向を会社に伝えてから2週間後に退職できる権利がある(民法627条)

といったように、法律で労働者は守られているので、会社がとやかく言ってきた場合は労働基準監督署にでも相談しましょう。

会社は黙り込むのでご安心を。

内容証明郵便を送ることに抵抗があるなら退職代行サービスを使おう

内容証明郵便を使って退職届を送ることに抵抗がある方は、あなたの退職を代わりに引き受けてくれる、退職代行サービスを利用しましょう!

1.24時間対応でいつでも会社を辞めることができるのは「SARABA」!

退職代行サービスのSARABAを使えば、会社の上司や同僚の顔色を伺うことなく、電話1本で今すぐ会社を辞めることができるんです。

  • 24時間電話対応が可能!
  • SARABA」を利用すると、オプション費用なしで29,800円!
  • 万が一の場合は全額保証付き!

他社の退職代行サービスよりも安価で、サポート体制も万全なので、内容証明郵便を利用するやり方が不安であれば、退職代行サービスSARABAを利用しましょう!

関連記事:【即日退職】今すぐ会社を辞めたい人は退職代行「SARABA」を利用するべき3つの理由

【即日退職】今すぐ会社を辞めたい人は退職代行「SARABA」を利用するべき3つの理由

2019.02.07

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

2.賃金の未払い・退職金の請求でトラブルがある場合は「汐留パートナーズ法律事務所」

賃金の未払いや、退職金や慰謝料の請求を求めたい場合は、金銭トラブルを解決してくれる弁護士に相談するのが一番です。

汐留パートナーズ法律事務所では、弁護士による退職代行サービスを行っているので、弁護士に相談しながら、会社に行かずに退職することができますよ!

  • 残業代が支払われていない可能性がある…。
  • 有給休暇の消化について相談がある…。
  • 保険関係について相談がある…。

といった問題を抱えているのであれば、汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービスを利用しましょう。

  • 54,000円で、会社と揉めている部分を弁護士に代行して退職できる!
  • 万が一損害賠償請求を求められた時に弁護士が交渉してくれる!
  • 正社員・契約社員・アルバイトといったあらゆる雇用形態に対応している!

法律で争う部分があれば、弁護士に任せるのが得策です。

汐留パートナーズ法律事務所を使えば、退職代行&その後の会社との交渉を全て任せることができますよ!

関連記事:【即日退職】「汐留パートナーズ法律事務所」の退職代行サービスのメリット&デメリットを徹底解説!

【即日退職】「汐留パートナーズ法律事務所」の退職代行サービスのメリット&デメリットを徹底解説!

2019.02.23

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

会社を辞めた後は今後の人生についてじっくり考えよう

あなたが「即日退職したい!」って決めたきっかけはなんですか?

  • 一刻も早く今の会社から逃げたかった
  • 早く独立してフリーランスとして活動したかった

など、様々な理由があるかと思います。

勢いで会社を辞める前から「会社を辞めた後」のことについて考えておくのは当たり前ですが、

実際に会社を辞めた後も、自分の今後の人生ついてじっくりと向き合ってみましょう。

いきなり「これからはフリーランスとして活動していくぞ!」って感じで意気込んでいる人はごくわずかだと思いますので、まずは転職サイトに登録するのをおすすめします。

関連記事:ブラック企業とはおさらば!第二新卒でも安心して利用できるオススメ転職サイト!

ブラック企業とはおさらば!第二新卒でも安心して利用できるオススメ転職サイト!

2018.10.12

【最後に】「即日退職をしたい!」っていうのはあなたの心の叫びです

「即日退職をしたい!」というのはあなたの心が叫んでいる証拠です。

人間関係や職場環境で悩んでいる時間ほど無駄な時間はありません。

今の会社に未練がないのであれば、早急に会社を辞めて、次の人生の一歩を踏み出しましょう!

また、当ブログではおすすめの転職サービスも紹介していますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

関連記事:ブラック企業とはおさらば!第二新卒でも安心して利用できるオススメ転職サイト!

ブラック企業とはおさらば!第二新卒でも安心して利用できるオススメ転職サイト!

2018.10.12

本記事で紹介した退職代行サービスはこちら!

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

▼就活は「キャリアアドバイザー.com」!▼



1 個のコメント

  • […] もし受け取りを拒否されたら、上長の上長に掛け合う、 それでもだめなら人事部に掛け合う等相談先を変えてみましょう。 最終手段として内容証明郵便で送付すれば 法律の範囲内で会社は受理せざるを得ません。 (外部リンク)内容証明郵便で退職届を出した方の体験談 […]

  • ABOUTこの記事をかいた人

    SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。