【即日退職】明日から会社に行きたくない人必見!電話をせずに会社を辞める方法を解説!

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。

  • 明日から会社に行きたくないけど、会社に連絡するのが怖い…。
  • 上司のパワハラが酷くて、もう二度と会社に行きたくない…。

本記事にたどり着いたあなたは、こういった悩みを抱えていると思います。

精神的に辛くて、会社に行くことに強いストレスを感じている時って、電話を使って退職の連絡をするのもきついですよね…。

結論から言うと、電話を通じて会社を辞めることを伝えなくても、明日から会社に行かずにそのまま退職できる方法があるんです。

そこで本記事では、「今すぐ会社を辞めたい!」と考えているあなたのために、電話を使わずに今すぐ会社を辞めることができる2つの方法を徹底解説していきます。

退職代行サービスを利用すると、会社に電話をせずに今すぐ会社を辞めることができます!

  • SARABA:追加費用なしの29,800円でサクッと会社を辞めることができる!
  • EXIT:メディア掲載実績ナンバーワン!アフターフォローが充実!

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

広告

会社に電話をしなくても大丈夫!今すぐ会社を辞めることができる2つの方法

今すぐ会社を辞めたいけど、精神的苦痛を感じている時って、会社に電話1本連絡することすら恐怖に感じてしまいますよね…。

しかし会社に電話しなくても、今すぐ会社を辞めることができる方法があるんです。

  1. 内容証明郵便を使って退職届を提出する
  2. 退職代行サービスを利用してみる

それでは詳しく見ていきましょう。

1.内容証明郵便を使って退職届を提出する

結論から言うと、内容証明郵便を利用して会社に退職届を提出しましょう。

※内容証明郵便とは?…送りたい書類を郵便局側でも管理することで、その書類を確実に届けたことを証明できる郵便方法。

この場合、退職届には以下3つのことを必ず記載してください!

  1. 退職の理由は「一身上の都合」であることを記載する
  2. 退職日は内容証明郵便が届いてから「2週間後」に設定をする
  3. 空白の2週間は「有給休暇」を取得する旨を記載する

「なんで退職日は2週間後にして、有給休暇を取得するの?」と疑問に思った方も多いとは思いますが、民法第627条にはこのような内容が記載されているのを知っていますか?

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法第627条

つまり、労働者は「会社を辞めます!」という意思表示をすれば、2週間後には自動的に雇用契約を解除する、つまり会社を辞めることができるんですよね。

今回の場合は「明日から会社に行きたくない…!」という緊急性を要しているので、退職日は2週間後に設定して、空白の2週間は有給休暇を取得する、というやり方で会社を辞めることができるんです。

 

しかし、「うちの会社は有給休暇を簡単に取らせてはくれない!」という悩みを抱えている方もいると思いますが、ご安心ください。

労働基準法第39条には、「有給休暇は労働者に認められた権利なので、会社側は取得の拒否をすることができない」ということが記載されているんですよね。

使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

引用:労働基準法第39条

 

また、会社の就業規則や労働契約よりも、民法や労働基準法が重視されるので、いくら会社の就業規則に「退職の旨は1ヶ月前の連絡を〜」であったり、「有給休暇の取得は会社の許可が必要〜」と書いてあったとしても、今回の場合は無視して大丈夫なんですよね。

 

実は、僕自身新卒で入った会社を4ヶ月で辞めた身ですが、退職をする時は内容証明郵便を使用して会社を辞めました。

その後のやりとりは、信用できる先輩とLINEで数通…程度だったので、電話をせずに明日から会社を辞める方法としてはかなり有効なのでは?と思っています。

関連記事:即日退職をするならこのやり方!内容証明郵便を使って退職届を出した話。

即日退職をするならこのやり方!内容証明郵便を使って退職届を出した話。

2018.09.08

2.退職代行サービスを利用して会社を辞める

近年注目を浴びているのが、退職代行サービスを利用して会社を辞める方法です。

退職代行サービスとはその名の通り、会社に退職することを伝える連絡から、その後の事務手続きまであなたの代わりにやってくれるサービスで、最近ではテレビ・新聞といったメディアで頻繁に取り上げられています。

退職代行サービスのポイントを簡単にまとめると、

  • 会社に連絡せずに今すぐ会社を辞めることができる
  • 退職に関する相談は無料でやってくれるところがほとんど
  • 業界最安値は29,800円〜会社を辞めることができる

といった感じでしょうか。

実際に退職代行サービスを利用して会社を辞めた方にインタビューもしていますので、こちらも合わせてチェックしてみてください。

関連記事: 【体験談】退職代行サービスって本当に辞められるの?実際に利用した人に聞いてみた!

【体験談】退職代行サービスって本当に辞められるの?実際に利用した人に聞いてみた!

2019.04.17

次の章では、当ブログでおすすめしている退職代行サービス2社について、詳しく解説していきます。

当ブログでおすすめの退職代行サービス2社はこちら!

1.業界最安値&24時間対応しているのは「SARABA」です

退職代行サービスSARABAは、業界最安値の29,800円で今すぐ会社を辞めることができます!

メリットは「業界最安値」だけではないんですよね…他社の退職代行サービスは深夜受付をしていないところもあるんですけど、SARABA24時間対応しているので、深夜に退職に関する相談をすることができるんです。

退職代行サービスSARABAのポイントをまとめると、こんな感じ。

  • 24時間電話対応が可能!
  • SARABA」を利用すると、オプション費用なしで29,800円!
  • 万が一の場合は全額保証付き!

「退職代行サービス、どこを利用しよう…!」って迷ったら、業界最安値&24時間対応のSARABAで決まり!

関連記事:【即日退職】今すぐ会社を辞めたい人は退職代行「SARABA」を利用するべき3つの理由

【即日退職】今すぐ会社を辞めたい人は退職代行「SARABA」を利用するべき3つの理由

2019.02.07

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

2.メディア掲載実績NO.1!アフターフォローが充実しているのは「EXIT」!

退職代行サービスEXITは、テレビや新聞といった各種メディアで多く掲載されている、退職代行サービスの中では一番有名と言っても過言ではないでしょう。

そんなEXITの魅力は、何と言ってもアフターフォローの充実です。

EXITは転職コンシェルジュのワークポートと提携しているので、利用者は転職活動における書類の作成や面接対策を全て無料で受けることができるんです!

退職代行サービスEXITのポイントをまとめると、こんな感じ。

  • 24時間電話対応が可能!
  • 正社員は50,000円・アルバイトは30,000円で今すぐ会社を辞められる!
  • 採用コンシェルジュと提携しているので、次の職場も探しやすい!

充実のアフターフォローを受けて会社を辞めたい方は、EXITで決まりでしょう。

関連記事:【即日退職】退職代行「EXIT」の利用方法は?メリット&デメリットをまとめてみました!

【即日退職】退職代行「EXIT」の利用方法は?メリット&デメリットをまとめてみました!

2019.03.08

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

【最後に】「会社に行きたくない…!」という感情は心の叫び

「明日から会社に行きたくない…!」という感情は、あなたの心が叫んでいる証拠です。

人生一度きりしかないのに、行きたくもない会社で1日1日を消耗して、気づいたら1ヶ月、1年が経っていた…なんて人生はものすごくもったいないですよね。

「会社を辞めるようなやつはどこに行っても通用しない!」みたいな昭和的思考にとらわれたおじさんは無視して、あなたの人生は、あなたらしく飾るべきです。

その第一歩を踏むためにも、今回紹介したような方法で会社を辞めて、新しい人生の1ページをめくってみませんか?

また、当ブログではおすすめの転職サービスも紹介しているので、合わせてチェックしてみてください!

関連記事:ブラック企業とはおさらば!第二新卒でも安心して利用できるオススメ転職サイト!

ブラック企業とはおさらば!第二新卒でも安心して利用できるオススメ転職サイト!

2018.10.12

退職代行サービスを利用すると、会社に電話をせずに今すぐ会社を辞めることができます!

  • SARABA:追加費用なしの29,800円でサクッと会社を辞めることができる!
  • EXIT:メディア掲載実績ナンバーワン!アフターフォローが充実!

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

▼就活は「キャリアアドバイザー.com」!▼



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。