【福岡】バッテリーのシェアリング「チャージスポット」の料金・利用方法を徹底解説【実際に利用してみました】

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。

 

 

僕は普段からモバイルバッテリーを忘れずに持ち歩いているんですけど、先日うっかりモバイルバッテリーを持ち歩かずに外出してしまったんですよね…。

 

一瞬「しまった!」と動揺してしまったんですけど、なんと僕が住んでいる福岡市ではモバイルバッテリーのシェアリングサービスが展開しているんです。

「CHARGE SPOT(チャージスポット)」というサービスを利用すると、324円支払うだけで最大48時間モバイルバッテリーをレンタルすることができますよ。

 

そこで本記事では、「CHARGE SPOT(チャージスポット)」利用方法料金をはじめ、実際に利用してみた感想を詳しく深掘りしていきます。

広告

モバイルバッテリーのシェアリングサービス「CHARGE SPOT(チャージスポット)」とは?

「CHARGE SPOT(チャージスポット)」は、日本全国に設置してあるモバイルバッテリーのシェアリングサービスで、僕が住んでいる福岡市でも、天神・博多エリアを中心に設置されています。

 

「CHARGE SPOT(チャージスポット)」の特徴を以下にまとめてみました。

 

  • 万が一モバイルバッテリーを忘れた時の救世主
  • 1時間のレンタルで150円・48時間のレンタルで300円
  • 借りたスポットとは異なるスポットに返却することが可能
  • Lightningケーブル・USB-Cケーブル・USB-miniケーブルに対応
  • 各種クレジットカードの他、LINE Payでの支払いに対応

 

僕自身も実際に利用してみましたが、バッテリー自体の容量が大きいので、iPhone2回分くらいは充電することができました。

また、利用料金は1時間150円ですが、最大48時間までは300円でレンタルできるので、外出先で高いモバイルバッテリーを買うくらいなら、チャージスポットでモバイルバッテリーを借りた方が断然コスパが良いですね…。

外部リンク:「CHARGE SPOT(チャージスポット)」の公式HP

「CHARGE SPOT(チャージスポット)」を実際に利用してみました!

「CHARGE SPOT(チャージスポット)」を実際に利用してみました。

1.「CHARGE SPOT(チャージスポット)」の設置場所に行ってみる

今回「CHARGE SPOT(チャージスポット)」を借りたきっかけは、単純に「モバイルバッテリーを家に忘れてきた…」といううっかりミスだったので、まずはスポットに足を運んでみました。

 

僕が実際に借りたチャージスポット

 

ちなみに、チャージスポットが設置してある場所は公式アプリ、もしくは公式のLINE@で確認することができます。

 

福岡市は中心部の設置が多め

2.「CHARGE SPOT(チャージスポット)」の公式アプリ(もしくはLINE@)をダウンロードする

通常であれば「公式アプリをダウンロードして、スポットを検索してみる」っていう流れが一般的ですが、僕の場合は事前にスポットの場所を知っていたので、先に足を運んでから公式アプリをダウンロードしました。

 

アプリをダウンロードしたら、

 

  • 個人情報の登録
  • 支払い情報の登録

 

を入力する必要がありますので、手順に沿って必要事項を入力しましょう。

 

 

また、支払い方法は「クレジットカード」もしくは「携帯料金と合算」の2つを選択することができますが、公式アプリではなく、公式のLINE@を利用する場合は「LINE Pay」の支払いも選択することが可能です。

3.実際にモバイルバッテリーをレンタルしてみる

必要事項の入力が終わったら、早速モバイルバッテリーをレンタルしてみましょう!

 

実際にレンタルできるモバイルバッテリーの外観

 

モバイルバッテリーの外観はこんな感じです。

 

モバイルバッテリーの裏

 

モバイルバッテリーの裏にケーブルが入っていて、「Lightningケーブル」「USB-Cケーブル」「USB-miniケーブル」の3種類に対応しているので、ほぼ全てのスマートフォンの充電に対応しています。

4.利用が終わったら、「CHARGE SPOT(チャージスポット)」に返却する

実際にモバイルバッテリーを利用した後は、「CHARGE SPOT(チャージスポット)」に返却する必要があります。

ちなみに、返却するスポットは、元々借りたスポットとは別の場所に返却してもOKなので、僕の場合は福岡市の天神で借りて、博多駅で返却を行いました。

 

返却終了後に利用料金が確定するので、「1時間以内で150円」「48時間以内で300円」の利用料金が発生します。

※ちなみに、48時間をすぎてしまった場合、利用料金は2,280円となり、バッテリーの返却が不要になるので実質「購入」といった形になるので注意が必要です。

【最後に】「CHARGE SPOT(チャージスポット)」は緊急時に大活躍です!

今回初めて「CHARGE SPOT(チャージスポット)」を利用してみましたが、緊急時は本当に助かりますね…。

僕のように「家にモバイルバッテリーを忘れた!」と慌てたとしても、チャージスポットを利用すれば最大300円でレンタルできるので、充電難民に陥ることはまずありません。

 

しかし、モバイルバッテリーの本体は「コンパクト」は言えないくらいちょっと大きいので…もう少し小さければなお良かった…!と思っています。

 

「CHARGE SPOT(チャージスポット)」は福岡だけではなく、日本全国でサービスを展開していますので、気になる方は一度利用してみてくださいね。

外部リンク:「CHARGE SPOT(チャージスポット)」の公式HP

「ブログ」で月5万円の副収入を稼ごう!

誰でも簡単に始められる副業として、今大注目なのが「ブログ」。

当ブログでは、「画像70枚」を使ってWordPressでブログを始める方法を
【無料】で初心者でもわかりやすく解説しています!



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。