新卒で入った会社を辞めたい!そんな時は一歩踏み出すことから始めてみよう。

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。

大人
新卒で入った会社を辞めちゃうの!?勿体無い!

って思う方が大半ですが、僕はこう思うんですよね。

こーせい
辞めるのが勿体無いと考えている時間が正直めっちゃもったいない!

本記事を読んでいるあなたは、こんなことを考えているはずです。

  • 今の職場は自分に合っていないかも…もっと理想の人生を歩みたい…!
  • フリーランスを目指しているが、周りの目を気にして中々言い出せない…!
  • 今の会社にずっといてもお金が不安!いっそのこと転職した方が稼げるのでは…?

結論から言うと、新卒3年未満でも今の会社を辞めてOKです。

ちなみに僕も新卒で入社した会社を4ヶ月で辞めて、今はフリーランスとして活動しています。

また、これはあまり知られていませんが、新卒3年未満の離職率って、30年間でほぼ横ばいなんですよね。

つまり、50代が新卒だった時と、今の新卒3年未満の離職率はそんなに変わらないんです。

本記事では、新卒で入った会社を辞めたいのであれば、

  • なぜ今の会社を辞めたいのか?
  • 辞めてから何をするのか?

といった悩みを一緒に解決できる内容になっています。

「新卒で入った会社を辞めたい…!」と考えているのであれば、ぜひ読み進めてみてください。

本記事ではあなたの退職を代行してくれる「退職代行サービス」を紹介しています!

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

広告

なぜ日本は「会社を辞める」ことをマイナスと捉えるのか?

日本って、「何かを辞めること」=「悪いこと」って捉えがちですよね。

例えば、学生時代にこんなこと言われませんでしたか?

  • 継続することが大事だ!その経験が必ず力になるんだから!
  • 石の上にも3年だ!3年も経たないうちに辞めるなんて一人前にならんぞ!

などなど…。

確かに、自分にとって良い環境で、やりたいことができるのであれば、この言葉は信じるべきだと思います。

けど、所属していても全く意味がない環境で頑張るのは、正直時間の無駄です。

日本人って「もったいない精神」が旺盛だから、何かを辞めようとした時、多くの人が「せっかく頑張ってきたのに…!」もったいない精神を出してくるんです。

しかし、あなたが「会社を辞めたい!」と思うのであれば、他人の意見に惑わされずに今すぐ会社をやめるべきです。

幸いなことに、従来の日本の価値観は淘汰される時代に突入しています。

(某大学のアメフト事件や、某スポーツの会長問題など…ね。笑)

  • 第二新卒(新卒3年未満であれば「新卒枠」で入社できる制度)の確立
  • 公務員の副業の公認化

などなど、1つのことを辛抱強く続けることが美徳と思われる文化は廃れつつあります。

これからの時代は「自己実現」が大切にされる時代です。

まずは、自分の「やりたいこと」ができる環境に飛び込んだ人間が必ず成功すると信じています。

私が大切にしている、会社を辞める上での2つのポイント

こーせい
これからは自己実現の時代に突入するよ!まずは自分の「やりたいこと」ができる環境に飛び込もう!
サラリーマン
そんなこと言われても…「会社辞めます!」って言いにくいよ…

ここでは、会社を辞める上で私が大切にした価値観をお話しします。

まず、会社を辞める上ではこの2つの考えは必ず捨てましょう。

  • プライド
  • 周りの意見を気にすること

この2つがある限り、会社を辞めることを伝えるのは中々難しいです。

まずは「プライド」を捨てる。固定概念に惑わされるな。

会社を辞めてしまうと、襲ってくる不安がまずこれ。

  • 会社を辞めてから、希望の会社に転職できるだろうか…。
  • フリーランスでやっていきます!と公言してバカにされないだろうか…。
  • これまでこの会社でやってきた実績、次の会社でも評価されるだろうか…。

などなど。

確かに、正社員という肩書きを捨てて、「フリーランス」としてやっていくのであれば、社会的信用は無くなります。

クレジットカードが作れなくなったり、ローンが借りれなくなったりなど。

また、周りから見られる目も変わります。時にはフリーターと勘違いされることも…。

ともかく、正社員というプライドはすぐに捨てましょう。

正社員という肩書きに縛られたままでは、自分のやりたいことを実現することなんてまず不可能。

まずは、

「会社を辞めてからどんな自分になりたいのか?」という部分を相手に説明できるまでイメージして、言語化しましょう。

例えば、

  • フリーランスになって、学生に新しい生き方の幅を広げる活動をやっていきたい!
  • 場所にとらわれない生活を送りたい。2拠点生活を送りたい!
  • 海外に飛び出して、今の国際状況を自分の目で確かめたい!
  • 転職して、同い年に負けないくらい圧倒的な成果を出したい!

など。まずは自分の言葉で、「会社を辞めて何をしたいのか?」を具体的に言語化しましょう。

そうすれば、軸がきちんと定まって、おのずとプライドは消えていきます。

周りの意見なんか気にしない。同じ価値観を持っている人間なんて誰もいない。

「会社を辞めます!」と上司や先輩に報告すると、必ずと言って良いほど返ってくる言葉は、

  • 今の環境でもっと頑張ってみない?頑張ってみたら、会社の中でやりたいことが見つかるかもしれないよ?
  • 会社を辞めて次のところでもやっていけるか、僕は不安だよ!
  • まだ一人前にもなっていないのに、他の会社でやっていけるの?

などなど。

こーせい
僕も会社を辞める前に上司に言われましたね…。

ほとんどの人はあなたを引き止めます。

この時、「自分の軸(会社を辞めてから何をしたいのか?)」がはっきりしていないと、周りの意見に流されてしまう可能性があるので、まずは自分の軸をぶらさないことが大切です。

私も、以前は周りの目を気にして自分の意見を言い出せないことがよくありました。

  • こんなこと言って、バカだと思われたらどうしよう…。
  • こんなことをいうと嫌われないだろうか…。

などなど。

みんなに好かれようと行動していた時期もありましたが、結局無理なんですよね。

だって価値観が合わないんだから。

つまり、同じ価値観を持った人間なんて、誰もいない。ということなんです。

あなたが「会社を辞めたい!」ということを説得する必要もなければ、上司・先輩の意見を鵜呑みにする必要もありません。

そもそも、法律上会社を辞める2週間前に申告しておけば、きちんと会社は辞めることができますのでご安心を。

「どうしても上司に引き止められる!」って方は、内容証明郵便を使って退職届を出す方法もあります。

関連記事:即日退職をするならこのやり方!内容証明郵便を使って退職届を出した話。

即日退職をするならこのやり方!内容証明郵便を使って退職届を出した話。

2018.09.08

上司や先輩から言われた意見は、

「ふ〜ん、そんな意見もあるんだな」

程度に受け流して大丈夫ですし、反抗する必要もありません。

まずは、自分の軸(会社を辞めてから何をしたいのか?)をはっきりとさせて、上司・先輩の意見は受け流すということを頭に入れておきましょう。

いろんな人間がいるわけですから、全員に納得してもらおうなんてそもそも不可能です。

ある程度批判的な意見が出ることは覚悟しておきましょう(そんなに重く受け止める必要はありません)。

また、会社を辞めることを相談する時は、相談する相手を選ぶことが大切です。

自分から会社を辞めることを言いにくい時は「退職代行サービス」を利用しよう

自分から会社を辞めることを言いにくい時は、「退職代行サービス」を利用して会社を辞めることもできます。

退職代行サービスは、その名の通り、あなたの退職を代行してやってくれるサービスになります。

こーせい
明日から会社に行かずに辞めることができますよ!

会社に退職を旨を伝えるところから、その後の諸々の手続きまで、全て一括でやってくれる、最近話題沸騰中のサービスです。

本記事では、僕がおすすめする退職代行サービス2社を紹介します!

1.24時間対応で今すぐ会社を辞めることができるのは「SARABA」!

  • 利用料金:一律29,800円(税込)
  • 相談料:無料
  • 実績:退職成功率100%
  • 対応時間:24時間対応可能
  • 支払い方法:銀行振込・各種クレジットカード(VISA・JCB・Master)
  • 返金保証:あり

退職代行サービスSARABAは業界最安級で、かつ24時間対応しています!

一般的な退職代行サービスは、3万円〜5万円が相場ですが、SARABAはオプション費用なしで、退職の連絡からその後のアフターサービスまで一律29,800円(税込)で利用することができます。

こーせい
今すぐ会社を辞めたい!っていう方は「SARABA」一択でしょう!24時間対応なのも嬉しい!

関連記事:【即日退職】今すぐ会社を辞めたい人は退職代行「SARABA」を利用するべき3つの理由

【即日退職】今すぐ会社を辞めたい人は退職代行「SARABA」を利用するべき3つの理由

2019.02.07

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

2.賃金の未払い請求など金銭トラブルを抱えている時は「汐留パートナーズ法律事務所」!

  • 利用料金:一律54,000円(税込)
  • 相談料:無料
  • オプション費用:経済的利益の20%(賃金の未払い請求・退職金や慰謝料の請求時に発生)
  • 対応時間(電話・LINE・メールなど):24時間
  • 支払い:現金・銀行振込(クレジットカード利用不可)
  • 返金保証:なし

汐留パートナーズ法律事務所は、弁護士による退職代行サービスになります。

  • 残業代が支払われていない可能性がある…。
  • 有給休暇の消化について相談がある…。
  • 保険関係について相談がある…。

といった問題を抱えている場合は、金銭問題の交渉ができる弁護士が所属している汐留パートナーズ法律事務所を利用しましょう。

こーせい
金銭関係で問題を抱えている場合は、弁護士に相談してサクッと退職&問題の解決に努めましょう!

関連記事:【即日退職】「汐留パートナーズ法律事務所」の退職代行サービスのメリット&デメリットを徹底解説!

【即日退職】「汐留パートナーズ法律事務所」の退職代行サービスのメリット&デメリットを徹底解説!

2019.02.23

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

会社を辞めたいと思ったその瞬間から、次の人生の一歩を踏み出そう

会社を辞めることは、大きな決断のひとつです。

会社を辞めてからのことを考えると先が不安になると思いますが、ずっと同じ職場にいたとしても、別の不安で頭がいっぱいになるでしょう。

会社を辞めたい!と思った時が行動を起こす時です。

  1. 会社を辞めてから何をしていくのか?という軸をはっきりさせておく
  2. 周りの意見は鵜呑みにせず、「ふ〜ん、そんな意見もあるんだな」程度で受け流す
  3. ある程度の批判は覚悟する。価値観が異なる人がいて当たり前
  4. 会社を辞める前に、ある程度の準備はしておく

この4つさえ意識できれば、何も怖がらずに会社を辞めることができます。

また、当ブログではおすすめの転職サービスも紹介していますので、合わせてチェックしてみてください!

関連記事:ブラック企業とはおさらば!第二新卒でも安心して利用できるオススメ転職サイト!

ブラック企業とはおさらば!第二新卒でも安心して利用できるオススメ転職サイト!

2018.10.12

本記事で紹介した退職代行サービスはこちら!

▼今すぐ会社を辞めたい!▼

▼スポンサーのキンピカ様!▼



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。