【地方民必見】圧倒的に成長したいなら、まだまだ東京は捨てたもんじゃない。

こんにちは。地方民のこーせい<h_0918_k>です。

こうせい
突然ですが、あなたは「東京」にどんなイメージを持っていますか?


この辺はイケハヤ<@IHayato >さん「まだ東京で消耗してるの?」という本を読んでもらうと分かると思いますが、

  • 満員電車で1時間揺られて仕事に行く
  • どこに行っても人が多い
  • 家賃が超高い
  • 人が冷たい

などなど、地方民(福岡)の僕からすると、あまり良いイメージがないんですよね。笑

でも、僕は独立してから毎月のように東京に行ってます。

東京って、人が多いし混沌としているから、

「この環境でも自分の力で食っていけるようなスキルを身につけないといけない!」

って感じで、自分を奮い立たせてくれるんですよね。

今回は、そんな話をお伝えします。

▼時間がない人はInstagramをチェック!▼

フォローしていただけると超喜びます。

広告

「まだ東京で消耗してるの?」って言われるけど適度な消耗は必要


地方民の僕からすると、東京は混沌としすぎていて超面白いんですよね。笑

  • せっかくカフェを見つけたと思っても満席
  • どの電車に乗っても人が多い
  • 都営浅草線に乗った時の満員電車感半端ない

とにかく…

こうせい
どこに行っても人が多い!!

そりゃそうですよね。

東京は1㎢あたり6148人もいるんですから。笑

(平成27年の国勢調査のデータに基づく)

人間が抱えるストレスの9割は「人」に左右されるので、これだけ人も多ければ東京で消耗するわけですよ。

でも、このストレスこそ、ちゃんと使えば自分を成長させてくれる原動力になるんです。

1.人間は「程よいストレス」がないと成長しない

これは僕の考えですが、人間って「程よいストレス」がないと絶対成長しない生き物なんですよね。

受験勉強を思い出してみてください。

自分と友達の勉強量は全く同じなのに、友達の方が模試の点数が高かった!なんて経験はあなたも持っているんじゃないでしょうか?

こういう時って、気づかぬうちにストレスを抱えてしまいますよね。

「なんで勉強量一緒なのに、あいつの方が点数が高いんだ!」と。

そして、友達に追いつこうと必死になって勉強をするんです。

つまり、ストレスフリーだったら現状維持、もしくは現状よりも状況が悪化してしまう!なんてことは良くあるんです。

これをリアルに体感できるのが、まさに「東京」

東京って人は多いし、僕のようにブログで生計を立てている人なんていくらでもいるので、

「あいつには負けてられない…」

っていうやる気を引き立たせてくれるんですよね。

実際僕も独立してから3度東京に行き、先輩ブロガーに会いに行ったりしましたが、

「僕も負けてられない…」

っていう気持ちになりましたね。

定住するとずっとストレスを抱えてしまうので、

月に一度、5〜10日ほど東京に行って程よいストレスを受けると、今後自分が頑張れる原動力になりますよ。

2.東京は人間の「本質」が詰まった集合体


地方民からすると、東京の混沌としている感じは衝撃です。

新宿駅の高架下には路上で寝ているホームレスがいるし、

そこら中にゴミは散らばっているし、

看板ギラギラしてるし。

こうせい
福岡では見ない光景です。笑

でも、そこに人間の本質が詰まっていると思うんですよね。

なんというか、「人に興味がないところ」というか。

人間って基本「自分のこと」しか考えていないので、人間の集合体である東京はまさに「自分のこと」しか考えていない人の集まり。

だから「人あたりが冷たい!」って言われるのかもしれません。

理想は「地方」と「東京」の二拠点生活

僕がオススメするのは、間違いなく「地方」と「東京」の二拠点生活です。

僕の中で、地方で暮らすなら断然オススメなのは間違いなく四国です。


先日、はあちゅうイケハヤ対談 in 高知に行った際に松山と高知を訪れましたが、街の中心部に行っても人がいないんです。笑

東京はどこに行っても人混みなのに、四国は中心部に行っても人がポツポツといるくらい。

スタバなんてガラ空きですからね。笑

東京で適度にストレスを受けつつ、地方ではストレスを解消しながらのんびり過ごすメリハリをつけた生活がオススメですね。

ちなみに、僕は旅先に行くと必ず写真を撮ります。

本当は早く一眼レフを買いたいのですが、お金にまだ余裕がないので「Rentio(レンティオ)」というカメラレンタルサービスを使っています。

最安であれば、月額5000円からミラーレス一眼のレンタルが可能です。

旅先の1枚って、こうやってブログを書く時に差し込むことができるので、ブログとカメラの相性って抜群なんですよね。

▼Rentioの詳細はこちら!▼

関連記事:【Rentio(レンティオ)】カメラを月額5000円からレンタルできるサービスがあるよ!

【Rentio】カメラ欲しいけどお金がない!って人はカメラレンタルを使ってみよう!

2018.10.05

移住も良いけど、二拠点生活もオススメです

僕は2019年から東京にも1つ拠点を構えて二拠点生活を始めます。

東京に定住はしたくないですが、それでも程よいストレス環境で自分を高めることができるし、会いたい人にもすぐに会いにいけることができちゃうんです。

地方でのんびりまったりするのも良いですが、たまには東京にきて、適度にストレスを感じて、自分を奮い立たせるのも、自分の成長に繋がりますよ。

 

▼あわせて読みたい!▼

関連記事:【はあちゅうイケハヤ対談】自分の人生を全てコンテンツに!11/8高知対談まとめ!

【はあちゅうイケハヤ対談】自分の人生を全てコンテンツに!11/8高知対談まとめ!

2018.11.08

関連記事:【Rentio(レンティオ)】カメラを月額5000円からレンタルできるサービスがあるよ!

【Rentio】カメラ欲しいけどお金がない!って人はカメラレンタルを使ってみよう!

2018.10.05

「ブログ」で月5万円の副収入を稼ごう!

誰でも簡単に始められる副業として、今大注目なのが「ブログ」。

当ブログでは、「画像70枚」を使ってWordPressでブログを始める方法を
【無料】で初心者でもわかりやすく解説しています!



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。