【経験談】「Twitterで発信活動を始めてよかった!」と思うポイントをまとめてみました【ブロガー向け】

こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。

先日、このようなツイートをしてみました。

 

 

発信活動を始めてから早1年以上が経ちましたが、今になって「Twitter頑張ってて良かったな〜!」と思うわけですよ。

 

ちなみに、去年の今頃(2018年10月)の僕のフォロワー数は、約1,500人ちょっとでしょうか。

あれから1年が経ちましたが、今では13,000人以上の方にフォローされるアカウントに成長しました。

 

本記事では、僕自身の経験談を元に、「Twitterやってて良かったな〜!」と思うポイントをまとめてみました。

広告

この1年間で、僕のTwitterアカウントのフォロワーは「1,500人→13,000人」まで増えました

まずは「論より証拠」です。

 

上のグラフは、僕のTwitterアカウントのフォロワー数の推移をまとめたものですが、今から1年前の2018年10月は1,472人だったのに対し、2019年10月現在では13,000人以上もの方にフォローされるアカウントに成長しました。

 

去年を振り返ると、とにかく「Twitterの発信を頑張らないと…!」と躍起になっていたのを思い出しますね…。笑

また、当時は「Twitterのフォロワーを増やそう!」というのがブロガー界隈で若干ブームになっていたんですよね。

「フォロワー数=信用だ!」みたいな価値観が浸透していて、それにつられて多くの初心者ブロガーがTwitterを頑張っていた、という感じです。

 

こーせい
今は「フォロワー数を増やそう!」ブームは下火になっていますが、当時の勢いは凄まじいものがありました。

 

もちろん、僕自身闇雲にフォロワー数を追い求めることには反対ですし(数だけ追っても”信用の数値化”にはならないから)、小手先のテクニックを使ってTwitterを運用することにも賛同していません。

 

しかし、僕自身今となっては「ブログ」「YouTube」「SNS」の3本柱で発信活動を行なっているからこそ、「発信活動の黎明期からTwitterは頑張っておいて良かったな」と思うわけです。

 

次の章では、具体的に「Twitterを頑張っておいて良かったな〜!」と思うポイントをまとめています。

 

ちなみに、僕が「フォロワー1万人」まで伸ばした過程とそのノウハウに関しては、以下の有料noteで詳しく解説しています。

累計300名以上もの方に読まれているnoteになりますので、気になる方は冒頭部分だけでもチェックしてみてください!

関連記事:実績ナシのド素人がフォロワー1万人達成するまでに実践した5つのこと

「Twitterで発信活動を始めて良かった!」と思うポイントをまとめてみました

僕自身が「Twitterで発信活動を始めて良かった!」と思うポイントを3つご紹介します。

1.「SEO」に依存しないブログ運営ができる

ブログの読者を集める方法は様々ありますが、最もオーソドックスなやり方と言えば、やはり「SEO(検索エンジン)」から読者を集めるやり方です。

 

しかし、最近はGoogleのアップデートの回数が多くなり、「上位表示されていた記事が圏外に飛ばされた…!」なんていう話もよく聞きますよね…。

2016年〜2017年であれば、「とにかく長文で書いた記事が上位表示される」といった傾向が強かったので、初心者ブロガーでも長文で情報を網羅した記事を書けば良かった時代もありましたが、今はそうはいきません。

 

Googleの理念にも書いてある通り、「ユーザーの利便性を第一」に考えているのがGoogleです。

最近では、「徹底的に読者の悩みに向き合って、悩みを解決できる情報が掲載されている記事」が上位表示されるようになりました。

 

ってことを考えると、初心者ブロガーであればなおさら「SEO(検索エンジン)」だけでブログの読者を集めるのはかなりハードルが高くなっているので、やはりTwitterから読者を集めた方が簡単にアクセスが増えるんですよね。

 

また、「ブロガー界のインフルエンサー」と言っても過言ではない、クロネコ屋さんも非常に興味深いツイートをしています。

 

 

つまり、「これからブログを始めたい!」と思っているのであれば、なおさらTwitter運用は必須ですし、Twitterの発信でファンを増やしておけば、不安定なSEOに依存することなく、読者を安定的に増やすことが可能なんです。

 

こーせい
ちなみに、僕自身も直近のアップデートでSEOからの流入は減りましたが、毎日Twitter経由でブログが読まれているので、トータルのアクセス数はそこまで変動がありませんでしたし、アフィリエイトも月10〜20万円は稼げています。

2.同じ価値観を持った人と繋がることができる

SNSの醍醐味と言えば、やはり同じ価値観を持った人と繋がりができる、といったところでしょうか。

 

僕自身、発信活動を始めてから丸1年が経ちましたが、ブログを始めた当初は僕の周りに「ブロガー仲間」なんて1人もいなかったんですよね…日々孤独との戦いだったのが懐かしいです。

しかし、あれから1年が経ちましたが、今では日本全国に、同じ価値観を持った情報発信の仲間ができて、基本的に作業は1人でやっているものの、オンラインで繋がっているので「孤独感」は一切感じないんですよね。

 

※ブロガー仲間とわちゃわちゃやっている写真を探していたのですが、中々見つからなかったので割愛します…。

3.売上が増える

これは単純明快ですが、Twitterで発信活動を頑張ってフォロワーを増やしておくと、売上がアップします。

 

やはりアフィリエイトリンクを貼り付けた記事をTwitterで拡散すると、フォロワーの方々が商品やサービスを契約してくれますし、僕自身の商品(有料noteなど)を拡散すると、その分購入者も増えるっていう感じです。

 

こちらも「論より証拠」ですが、実際にTwitterのフォロワーが1万人を超えた翌月(2019年7月)は、ブログ・YouTube・note等の売上全て合わせて50万円を達成しています。

関連記事:新卒会社員が4ヶ月で会社を辞めて独立したら、1年後に月収50万円になりました

「スキルゼロ」「人脈ゼロ」の新卒会社員が4ヶ月で会社を辞めて独立したら、1年後に収入が2倍になりました【月50万円稼ぐ】

2019.08.02

 

これって、フォロワーが少ないとどうしても売上って上がりにくいんですよね…しかし、Twitterで発信活動を継続して、フォロワーが1万人を超えるようになると、発信活動だけでも余裕で生活できるお金は稼ぐことができますよ。

【結論】ブログ、YouTube問わず、発信活動を始めるなら「Twitter」は必須

ブロガー、YouTuber問わず、やはり発信活動を始めるならTwitter運用は必須だと考えています。

 

仮にブログがSEOだけでも十分読者を集めていたとしても、正直その人自身の知名度ってそこまで高くないんじゃないかな?と思うんですよね。

人間って、無意識のうちに「SNSでフォロワー数が多い人、すげえ!」っていう思考になっているので、ブログだけではなくTwitterも運用しておくと、読者が増えるだけでなくイベント等を主催できる機会も増えるわけです。

 

僕自身、去年はブログそっちのけでTwitter運用に割く時間を増やしていましたが、今振り返るとそれで良かったな、と思っています。

今はツイートの更新頻度も「1日10ツイート以下」と少ないですが、去年頑張っていたおかげでフォロワーも増えましたし、1つのツイートに100いいねがつくのは日常茶飯事。

また、ブログ記事1本書くだけでも、読者の流入が狙えてアフィリエイトの発生頻度も増えています。

 

これからブログを始める人、もしくは今ブログやっているけどTwitterに力を入れてない人は、ぜひTwitter運用も頑張ってみてください。

SEOに依存せず、また収入の分散ができるっていう点でも、まだまだTwitterに価値はありますよ。

 

ちなみに、僕が「フォロワー1万人」まで伸ばした過程とそのノウハウに関しては、以下の有料noteで詳しく解説しています。

累計300名以上もの方に読まれているnoteになりますので、気になる方は冒頭部分だけでもチェックしてみてください!

関連記事:実績ナシのド素人がフォロワー1万人達成するまでに実践した5つのこと

「ブログ」で月5万円の副収入を稼ごう!

誰でも簡単に始められる副業として、今大注目なのが「ブログ」。

当ブログでは、「画像70枚」を使ってWordPressでブログを始める方法を
【無料】で初心者でもわかりやすく解説しています!



ABOUTこの記事をかいた人

SNS・ブログ・YouTube・オンラインサロン運営を軸に「好き勝手に生きる人生戦略」を発信しています。1995年・福岡県出身。西南学院大学 国際文化学部を卒業後、地元企業に就職するも、4ヶ月で退職し、フリーランスに転向。現在は、SNSでの情報発信をはじめ、月間1.8万人に読まれるブログ・note・オンラインサロン・YouTube等活動の幅を広げる。読書・歴史・旅行・HKT48・ゲームが好き。